茂木光春集

トップページへ戻る


作品リストへ戻る

茂木光春

 
                    遥かなる竹林扣之帳第二十号

                 冒頭抜粋

私は万葉集の素人である。素人であるから勝手に読んでいるだけで

あるが、五巻目に入って、目の覚めるような一節に出会った。「大伴

旅人謹みて状す、梧桐の日本琴一面」のくだり、旅人の夢に琴の精が

娘子となって現れ、言葉を交わし歌を詠み合う場面である。その時ま

で、短歌、長歌、旋頭歌など、言わば、梅林の花盛りを愛でつつ、そ

ぞろ歩きをしていたものが、ふっと、幼い鶯の声を、いまだ未熟な、

節も整わない、初音の囀りを耳にしたごとき、かすかな驚きを覚えた

のである。不思議な夢であり、不思議な幻であった。すでに短歌では

ない、長歌でもない、旋頭歌でもない。詠む人の実なる感慨でも嘱目

の風景の実写でもない。そのような短歌や長歌や旋頭歌などの中から

、一つの小さな物語が、あるいはもっと正確に言えば、物語という一

つの小さな生命体が誕生するのを目の当たりにした思いである。歌の

花の、言わば、梅林の中を、その匂いに誘われ、その匂いから生まれ

たごとき、幼い鶯が、飛ぶのもままにならず、しかもかすかに花の間

を羽ばたきつつ、ふっと、枝に止まって、幼い初音を発する、そんな

夢幻の印象を受けたのである。

折口信夫は日本の物語の発生というものを、竹取物語などのごとく

、元々天に属するものが罪を犯して、天から追放され、地上に下り、

そこで数々の苦難の放浪を経た後にふたたび天界にもどって行くとい

う貴種流離譚の中に見たが、それとかすかに重なりつつ、やや趣を異

にした、この万葉集の一節もまた、日本の物語の発生の、一つの源泉

を成していると言ってもいいような気がする。

   (後略)





             非琴抄   扣之帳第二十二号


私は遥かなる人を目指して、旅を続けている者である。その人とはか

つて私の父の友人、
康、通称、叔夜先生と言われた人である。す

でにその人死して三十五年、この晋王朝の御代に、たとえ陋巷にあっ

て、秘かに竹林の七賢人の一人と囁かれていたとしても、公然とその

名を口にすることは憚られ、ましてやその人を顕彰する者などはいな

い。

私は、亡父向秀の三年忌を期に、遺稿集を出すべく、その書斎を整理

していた時、書斎の一隅に埃を被って放置されていた一個の包みを偶

然発見した。そこに
叔夜先生の草稿があると共に、「思旧賦」と題

する先生についての亡父の思い出の記が添えてあったのである。私は

それを貪るようにして読んだ。すぐに読み終わった。すぐに終わった

ことが私には不満だった。父は思いを尽くしていない、世を憚って寡

黙であるという印象を受けたのである。先生の草稿たる「琴賦」、「

養生論」、「詩集」などを読むに及んで、いよいよその印象は強まっ

た。

ここに屈原がいる、決然たる義の人がいる、私はそう直感した。敵兵

に囲まれ、絶食七日、死さえ覚悟した弟子たちを前に、端然、琴を弾

き続けた孔子、子路になじられ、「君子、固
(もと)より窮す」と言っ

た孔子を思ったのである。君子固窮の人を思ったのである。

屈原は覚悟の人であり、孔子も覚悟の人であった。そして康また

同じ人であった。

しかしその人は私にとって真には未知の人であった。その胸懐をいま

だ窺うことのできない不可測の人であった。私はその人を尋ねなけれ

ばならない。その未知、その秘境、その山巓
(さんてん)を尋ねなければ

ならない。そこに分け入り、その秘志、その悲魂を探り当てなければ

ならない。私はそう決意したのである。

私は父に従って晋王朝に仕え、すでにその官途にある者である。

康その人のことを公言することは許されない。ましてや、
康顕彰な

どは論外であろう。しかし私にも一片耿耿
(こうこう)の志というものが

ある。万分の一であろうと、司馬遷の気概がある。

私は閑暇を得ては、一人、馬車を洛中洛外に走らせ、秘かに、その遺

族を、その旧跡を尋ねて回った。しかし何もかも徒労であった。逝い

てすでに三十五年、その人は時代に葬られて、三百五十年を隔てたご

とく、深くまた遠いのである。忘却の淵を越えることはほとんど不可

能に見えた。その人はかくも遥かなる人であった。

今一度、私は亡父の「思旧賦」の草稿を懐にして、旅に出た。河内の

山陽の地と伝え聞く
叔夜先生の旧居跡に向かったのである。前に一

度訪れながら、突きとめることができなかった処である。これが最後

であると思いを決して、出立した。

私は道々「思旧賦」の一節を思い出していた。



  (後略)






                   非琴抄  
                   
                その2     第二十三号     

       

 風が吹き始めていた。賤が家の屋根を軋ませ、板戸を揺るがせつつ

、時折強く吹き寄せて来た。その度に、竹林全体は蘇ったごとく、ざ

わざわと震え、一本一本の竹が、その梢を夜空に向かって、垂直に、

逆髪のごとく、逆立て、そそり立ち、愀愀と、鳴くがごとく、哭する

がごとく、一斉に、ぎいぎいと、白骨を軋ませるのが感じられた。

「また別のお友達は我が主人叔夜先生につきまして、『龍章鳳姿

』(顔は龍のごとく姿は鳳凰のごとし)と一言もって嘆じ去ることも

ありました。」

女は指先を琴の弦の上に置いたまま、語り続けた。

「これはけっして溢美の言葉ではございません。ただ、むしろ、正確

に申せば、あの方のお姿、あの方のお顔の中を、ふとした折りに、龍

の面影が、鳳凰の面影が掠めて行く瞬間があったと、そういう印象を

人々に与える瞬間があったとまでは言えるような気がいたします。し

かしそれにもかかわらず、あの人はけっしてお顔もお姿も飾り立て身

綺麗にすることはなく、すこしも辺幅を飾るということはありません

でした。常に磊落、そしてまた常に落魄、しかも、接する人に、女子

供にとりましても、その人は非常の人、非常の器という印象を与え、

そういう感銘を心に深く刻ませたのでございます。




    (後略)


   
                       非琴抄


                    その3      第二十四号



         四

  風は激しさを増していた。啾啾と裏山の木々を震わせ、葉や枝を

 引きちぎって小屋に吹き付け、軒や戸板や屋根を揺るがせた。山

 中、狼の声の断片のごときもの、虎の声の裂片のごときものが鳴

 り騒いだ。その中をさらに死せる何千もの死霊が、死せる何千も

 の幽魂が、女のいる、この庵を目がけて、羽ばたき寄せて来るが

 ごとき魑魅(ちみ)の風、魍魎(もうりょう)の風を感じた。



    (後略)


             
 (完)   


 
始まりの人
 
   扣之帳第27号 

   序

 世には序文作家とでも言える人が存在するようである。の人の書
く序文が優れているというだけでなく、その人の著作全体が序文であ
り、さらにはその人自体が一個の生きた序文であるというような作家
がいるようである。言わば、時代に先駆けて、次の時代に向かって序
文を書きかつ生きたと言えるような作家なり思想家である。序文を英
語では
prologueと言っている。proとは「前」、logueとは「言葉」であ
るとすれば、
prologueとは「前の言葉」あるいは「言葉の前」という
ことになるだろうが、私流に言い直すならば、「始まりの言葉」であ
り、生涯そのような始まりの言葉を書き続けあるいは生き続けた人で
あると言っていいだろう。世間の人たちは、その人の始まりの言葉が
いまだ時代に属していないが故に、理解できず、さらにはその始まり
が何の始まりであるかも分からず、だからまた、誤解と無視と嘲笑を
もって遇しかつ葬り去った人物たちである。
 始まりの人は悲劇的な一生を送る。したがって、悲劇的な感受性の
持ち主となる。そして次の時代に向かって種を播く。あるいは、正確
に言えば、来ることのない「永遠」に向かって種を播くのである。
ここでそのような序文作家の典型たるニーチェの言葉を一つ引用しておこう ニーチェは『アンチクリスト』の序文において次のように述べている

「この本はごく少数の人達のものである。ひょっとするとその裡のただ一人もまだ生きていないかもしれない。明後日こそ始めて私に属するのである。死後に生まれるという人も若干はあるのである。」    
 
 今日や明日にはけっして属さず、明後日に至って始めてそれが私に
属するとする人、この世にはまだ生まれず死後になって始めて生まれ
るとする人、それが序文の人であり、始まりの人であり、先駆ける人
である。そして明後日とは、正確には、二日後のことではなくて、
「永遠と二日」の後のことである。永遠に追いつけない明後日である
そのような人を理解できるほんの少数者とは、同じ序文の中で、「禁
ぜられたものへの勇気、迷宮に至るべき宿命、七つの孤独からの或る
体験、新しい音楽に対する新しい耳、最も遠きものに対する新しい目
今日まで黙して語らないでいた真理に対する一つの新しい良心」を持
った人たちであるとしたのである。これはまた始まりの人を指して言
った言葉だとしてもいいだろう。
しかしながら、このようなことを言
わざるを得ない人は、例外なく、悲劇的な生涯を送らざるを得なかっ
た人であり、したがってまた、そのような生涯によって磨かれ鍛えら
れて、悲劇的な感受性の持ち主とならざるを得なかった人であった。
   私はそのような始まりの人を東洋の歴史の中に求めて旅をしようと
試みるものである。その著作のすべて、その生涯そのものが未来に向
かっての序文であるような人、そして苦悩のうちに播いた種子が、明
後日にあるいは永遠と二日後になって、少数の理解者、少数の門弟た
ちとなって生まれ変わる人たちを探す旅に出ようとするものである。


               一

              釋道安

 私はかつて一人の不思議な人物と出会った。中国は四世紀、その最
も深い、最も暗黒を極めた歴史の夜の底にあって、一個の妖しいまで
に蒼い光芒を放って消えた人物である。その人は衛道安と言った。沙
門となって後は釋道安と名乗った。現在の河北省たる常山扶柳の出身
生まれは西晋の永嘉六年、今風に言えば、西暦三一二年であり、西晋
が滅び、東晋の立つ五年前のことであった。言わば、乱世の始まりに
生まれ、乱世に人となり、乱世の中で生涯を終えたと言える人物であ
る。いわゆる五胡十六国の争乱絶え間ない時代にあって、濁流の中の
一葉として漂流し、雷雨の中の一蟻として放浪したのである。

道安はその著作「道地経序」の中でほぼ次のように述べている。

 私は生まれて日ならずして、皇綱の紐(西晋の王朝)の絶えるに遭
い、匈奴、中華を乱し、山左(河北省西部)占領され、難を山西省に
避けたが、師斃れ、友失せ、四方に縁あるものを訪ねんとして、どこ
にも頼るべき所がなかったと。
ねに難民、棄民、流民の群れと行い
つね共にしたのである。(後略)

 
               
          始まりの人(二)

              
扣之帳第28号
      

             慧可大師
     一 

 雪舟は七十七歳の時に「慧可断臂図」を描いた。没年は八十七歳だ
ったとしても、画業の上では、すでに晩年に属する作品と言っていい。
しかもそれは自らの老齢を引き裂き、自らの惰弱を引き裂き、ある種、
内なる雷光を発したごとき絵画である。雪舟にしてすでに例外に属す
る作品であり、雪舟極北の作品である。あるいは禅の修行と画の修行
との融合極まった頂点の作品であるとも言えようか。十三歳にして相
国寺に入り、以後禅と画の修行を続けるも、応仁の乱に遭って、四十
八歳から五十歳の二年間、渡明、中国の水墨画を極め、ついに「中国
に我が師なし」として、帰国、日本各地を放浪、山水を見、山水画を
極めつつ、やがて、以前からの周防大内氏の庇護を受けて、画業を完
成させた一生であった。

 雪舟は山水画家である。あくまで中国の山水画を極め、その蘊奥を
切り開いた画家である。人物画も画いたが、やはり山水画に極まる。

 そしてこの「慧可断臂図」である。すでに人物画ではない。たしか
に二人の人物が画かれてはいる。慧可とその師たる達磨がそこには居
る。しかし、それは断じて人物画という範疇に収まっていない。むし
ろ人物画を引き裂いたものである。人物画を噛み破って躍り出たもの
である。壮絶である。むごたらしいほどの壮絶さである。見る者の言
葉を奪い、生き肝を奪う。言語道断を画いたものである。絶句する他
はないものを画いたものである。

 一口に呑み込もうとするごとく覆い被さって来る巨大な巌窟の前に、
薄い、太い墨の線をもって輪郭を隈取られつつ、頭上からすっぽりと
白い長衣に身を包んだ男が巌壁を前にむんずと坐り込んでいる。向か
って右向きに顔を向け、黒い、長い眉毛、白い、上目遣いの、ぎょろ
りとした目、鼻高く、鉤鼻である、薄汚れた横顔、鼻の下から口の周
りにかけて、黒々と、太い、強い鬚がそそげ立つごとく生えている。
壁観婆羅門と言われた達磨である。目が異常である。右目だけしかこ
ちらからは見えないが、その右目の中の、深い、黒い瞳は、上の瞼に
ひっつくがごとく、上目遣い、すでに眼前の巌壁はおろか、森羅万象
のいかなる事物をも見徹し見尽くして、ただ空のみを見詰めるがごと
き、空寂、老獪なる眼差しである。

 その左下にもう一人の人物がいる。立ちつくしているのであろうが、
上半身しか見えない。同じく、むかって右向きの横顔、それは斜め前
の達磨を見てはいない。むしろ斜め右下の方にかすかに顔を傾け、痩
せこけた長頭は額より禿げ上がり、薄黒いごま塩の後頭部、額広く、
皺を何本も走らせ、太い、長い、くの字型の眉毛の下、凹んだ眼窩に、
細い、思い詰めた、鋭い目、鼻から口へ、薄黒い鬚を生やし、耳が異
常に長い。灰色と白の袈裟を羽織り、白い袈裟の下の右手をもって、
すでに臂から断ち切られた左手を差し出しているごとくである。その
左手は手の平を内側にして親指人差し指中指小指を曲げ、薬指だけが
やや外側に垂直気味に曲げている。臂を断って、達磨に差し出そうと
する慧可である。

 達磨の坐っている薄い敷物の下、横に水平の岩床、さらに巌窟の奥
へと、同じ横に水平の広い岩床が連なっている。岩床の上は白く雪が
積もっているのであろうか。

 そして覆い被さるがごとき巌窟の巖の形が何よりも異常である。巨
大な髑髏が大口を開け、二つの、やや離れて、斜めに並んだ、黒々と
した、髑髏の眼窩のごときものが空の眼を開いて、二人の人物を呑み
込もうとしているごとくである。そして中央の巌窟の奥は怪物の咽喉
のごとく果てしない。

 壮絶である。むごたらしいまでに壮絶である。それは単に慧可が断
臂した左手を差し出しているからだけではない。二人の人物を呑み込
み噛みつこうとする巌窟の謎めいた奇怪さ、その巌窟の凄さに相拮抗
するがごとき二人の人物の面魂の磐石たる気魄、その画面全体が壮絶
なのである。

 これは二つの相異なる精神の衝突のドラマを画いたものである。二
つの精神の、これ以上張り詰めようもない、白い、酷烈の、緊迫した
対峙を画いたものである。一人はインドから海を渡り、中国に至って、
我が禅の第一義を伝えるべく、寄り来る一切の人間の真贋を徹見し、
その不徹底を拒否しつつ、すでに百四十歳、たった一人、餓死をも厭
わず、洛陽郊外の、嵩山少林寺の岩山に立て籠もったのである。一人
は中国にあって、乱世の中、儒教にも老荘にも飽きたらず、さらには、
当時、澎湃として流入し、都の人心を奪いつつあった般若、涅槃、三
論等の講学仏教にも飽きたらず、はや四十歳、魂の飢えを抱いて、噂
に聞く壁観婆羅門の元へと急いだのである。

 この画は二つの絶対の飢えを画いたものである。一人は真の弟子を、
一人は真の師を求めて止まぬ絶対飢餓をもって相まみえたのである。
禅の始まりとはかくも苛烈なものであった。二人の絶対飢餓なくして
は禅の始まりも禅の伝来もなかったと言っていい。雪舟はその奇蹟の
瞬間を見事に画いたのである。

          二

 慧可大師は後魏、大和十一年(四八七)、今の河南省成皐県の虎牢
に生まれた。俗称姫氏、周族の末裔にして名門であった。幼名を光と
言った。利発、群を抜き、十五歳にして九経を諳んじたと伝えられる。
九経と言えば、易書詩礼楽春秋の六経と論語孝経小学の三を合わせた
ものである。後、老荘より進んで、仏教に親しむに至り、三十歳にし
て、竜門の香山寺、宝静禅師について出家、定慧の学に励むこと十年、
一日、夜半、一神人が夢裡に現れて曰く、「何ぞここに留まるや。大
道は遥かなるに非ず。汝それ南せよ」と。ここに神人とは慧可の心中
に潜む無意識の飢えであったに違いなく、定慧の学問仏教に飽きたら
ぬ、真実の飢餓あるいは真実への飢餓の囁きであったろう。大道は近
きにあり、南へ行けと命じたのである。後、慧可は自らを神光と称し
た。時、すでに四十歳を越えていた。

 慧可はついに洛陽の南、嵩山少林寺を目指し、ここに菩提達磨と運
命の邂逅を遂げることになるのである。当時の洛陽の人は少林寺に一
人の異人が漂着、僧侶のごとくでありながら、人を集めて般若も三論
も説かず、少林寺の庵ないしはその裏の巌窟に籠もり、黙然として只
管打坐(しかんたざ)するばかりであったところから、秘かに壁観婆
羅門と呼んで、畏怖しかつ敬遠していたのである。

 ちなみに達磨大師は南インド香至王の第三王子、出家して般若多羅
尊者の法を嗣ぎ、六十数年後、八十有余歳にして、インドを出発、シ
ルクロードたる陸路を取らずに、海路、インド洋を経て、四七〇年頃、
中国の広州に到着、梁を経て、北魏に至り、嵩山少林寺に住し、示寂
は五三六年頃、享年百五十歳であったと伝えられている。その真偽い
ずれにせよ、大変な高齢をもって、中国に渡り、長年月中国を遊歴、
最晩年に嵩山少林寺に漂着したことは事実であったに違いない。その
間、各地の仏教徒によって毒を盛られること六度、かろうじて、難を
逃れたと言う。たった一人、茨の道を行ったのであり、ヴィア・ドロ
ローサたる悲しみの道を行ったのである。法難の人達磨、受難の人達
磨であった。法難相次ぐ中にあって、その人をさらに前へと、いわば、
さらなる極北の禅へと促した熾烈な志というものは何だったのだろう
か。達磨は黙して語らない。維摩と同じ雷のごとき沈黙をもって打坐
するばかりであった。(後略)

 
 
           始まりの人(三)
             
              扣之帳第30号

 
                 李卓吾

        一 

今回は李贄(りし)、字を李卓吾と称した人物を取り上げてみたい。
中国の明王朝の中期から後期にかけて活躍した思想家である。私は吉
田松陰の最晩年の書簡を読んでいた時に始めてその人の名前を知った。
萩城下の野山獄中にあって弟子の入江杉蔵に宛てて書いた手紙の中に、
次のような一節が出ている。

足下も諸友と絶交せよ。同志の士を峻拒せよ。左候て罪の免ずるま
で閉戸して勤學せよ。・・・・・諸友は與(とも)に議するに足らず。
(藩)政府の人は猶ほ以てなり。日本もよくもよくも衰へたこと、實
に堂々たる大國に大節に死する者子遠(杉蔵)一人とは、なした(な
んとも)なさけない。其の防長(萩藩)に一人の子遠を死なせる僕が
心事はどうあらうか察して見よ。併し死なねば防長一人の子遠では之
れなく、死なぬ忠義の士は山の如くあるなり・・・・。頃(このご)
ろ李卓吾の文をよむ、面白き事澤山ある中に童心説甚だ妙。(説中に
曰く)

 童心は真心なり。假人を以て、假言を言ひ、假事を事とし、假文を文とす。
 假言を以て假人と言へば、即ち假人喜ぶ。假事を以て假人と道(い)
へば、即ち假人喜ぶ。假文を以て假人と談ずれば、即ち假人喜ぶ。假
ならざる所なければ喜ばざる所なしと。

  そして最後に次のように言った。
  今の世事是れなり。中に一人の童心の者居れば衆の悪(にく)むも
尤もなこと。 

 (『吉田松陰全集』第八巻・安政六年正月二十三日)
  
  これは安政五年の秋、松陰が水戸藩等の藩士による伊井大老襲撃策
を秘かに知って、長州藩だけによる老中間部詮勝(まべあきかつ)要
撃策を画策し、それを同志たる高杉晋作、久坂玄瑞等や藩首脳たる周
府政之助に告白、内諾を得ようとして、いずれからも過激ないしは危
険として退けられ、藩から入牢を申しつけられたのである。

 したがって書簡中の「諸友」や「同志の士」も松陰の弟子中の弟子
たる高杉晋作、久坂玄瑞、桂小五郎などのことを指し、藩首脳とは松
陰の理解者でもあった周府政之助であって、ほとんど身内に近い人た
ちと絶交せよと言い、かれらすべて議するに足らずとしたのである。
長州藩のため、朝廷のため、究極、日本国のために画策したわが秘策
の決行を逡巡し躊躇した同志たちを「死なぬ忠義の士は山の如くある
なり」として峻拒、牢中、一人激高して、もはやたった一人の同志と
目する杉蔵に向かって、熱弁を振るったのである。

 この急迫し、切迫し、狂熱火のごとき文章の中に、さらにその火を
煽り、その熱を高めるがごとき李卓吾その人とその「童心説」なる文
章が出て来るのである。

 李卓吾は風神であり、雷神である。疾風であり、雷光である。触れ
るものをすべて薙ぎ倒し、焼き尽くすのである。松陰はその人と牢中
にあって邂逅したのである。狂狷の人は同じ狂狷の人をおびき寄せる
のである。牢獄の人は同じ牢獄の人を思うのである。

「童心は真心なり。」
李卓吾は言い放つ。疾風の言葉であり、雷光の言葉である。次の「假
人」以下の「假」を「偽」と言い直すならば、「偽者(にせもの)は
偽り(いつわり)の言を吐き、偽りの事を行い、偽りの学問をする」
と言い切り、さらに言葉を継いで、「偽りの言をもって偽者と語れば、
偽者は喜び、偽り事をもって偽者と語れば、偽者は喜び、偽りの学問
をもって偽者と語れば、偽者は喜ぶ。偽りでなければ喜ばず。」

 李卓吾の言葉に躊躇も逡巡もない。疾風の言葉であり、雷光の言葉
である。直進であり、直光であり、一路邁進である。

 そして最後に松陰は断定する。
 「今の世はすべてこれなり。中にたった一人の童心の者がおれば、
世間はすべてそれを憎む」と。

 松陰の中を李卓吾が走り抜けたのである。松陰の神経の中を李卓吾
の雷光が赤々と突き抜けたのである。

 松陰はこの童心、この真心をもって、安政六年十月二十七日刑死す
るまで、幕末の世を狂駆した。

    
        二

 それでは李卓吾とはどのような人物であり、どのような生涯を送ったのだろうか。
  李卓吾は自らの生涯を振り返って、晩年次のように述べている。
「余は幼年より聖教を読んで聖教を知らず。孔子を尊んで孔夫子のな
ぜ尊ぶべきかを知らず。いわゆる矮子の観場(小人の芝居見物)にて、
人に随って説研し(説き研わめ)、人の声に和するのみ。かく、余は
五十以前真の一犬なり。前犬が物に吠えるに因り、随って之に吠える
のみ。もし吠える理由を問われるならば、まさに唖然として自ら笑う
ばかりであった。五十以後大衰して死なんとするも、友朋の勤誨(友
人の教え)を得るに因って、貝経(佛典)を翻閲し、幸いに生死の源
において斑点を窺見し(一班を知り)、学庸(大学・中庸)の要旨を
研窮し、その宗貫(本質)を知り、集めて道古の一録を作った。」
(『続焚書』・巻之二、聖教小引)

 五十以前のわが生涯は野良犬の生涯であると喝破したのである。五
十以前のわが為すことは矮子(わいし)の観場であると言い切ったの
である。いわゆる小人の芝居見物で、前に人がいるから芝居は見えな
い。前の人々に従い、人が笑えば笑い、人が泣けば泣き、芝居はこう
でもあろうかと当て推量をするばかり、それと同じだと断言したので
ある。

  自らを切って捨てるこの仮借なさ、自らを痛論するこの酷薄無残、
李卓吾の童心とはかくのごときものである。李卓吾の真心とはかくの
ごときものである。疾風の言葉であり、雷光の言葉である。まず自ら
を裸にし自らを焼き尽くすのである。まず自らの中の偽人性、自らの
中の偽者性を暴き立てて止まないのである。李卓吾にあっては真心と
は真剣であり、真鏡そのものであった。自らを斬り、自らを照らし出
すのである。逃げるところはない。

  五十以前われは犬である。五十以後ようやく犬を脱して、わが内な
る真心に目覚め、仏典を究め、大学中庸を究め、晩年ついに易を究め
たと言うのである。

  自らを犬と言った時、李卓吾は生涯「喪家の犬」(飼い主のいない
犬)と言われ続けた孔子の一生を思い浮かべたことでもあろうか。も
しそうだったとすれば、前半生のみ犬だったばかりか、後半生さえ犬
として、しかも真心に目覚めた野良犬として、魂の泰山北斗を目指し
つつ、果てなき曠野を彷徨ったと言っていいであろう。

  仏典の背後に釈迦が、大学中庸の背後に孔子が、易の背後に老荘が
居て、それを、一個の泰山北斗として、仰ぎ見、追い求め続けたこと
は間違いない。

  孔子は喪家の犬である。李卓吾また喪家の犬である。孔子は「兕
(じ、奇獣)にあらず虎(こ)にあらずして曠野を彷徨う」と言い、
卓吾は自らを「流寓客子」と称し、「世には大賢高品(の人)でなく
て流寓したものはない。」と言い切った。そしてまた「(わが)一生
の不遇、大地を墨としても書き尽くせない」と言った。不遇とは遇わ
ずであり、求めても求めても求めるものに遇わずであり、であればこ
そ生涯かけて曠野を彷徨うのである。
            (後略)

 

作品リストへ戻る

トップページへ戻る