作品リストへ戻る

トップページへ戻る

 
足柄学講座・歴史編     女性史への道


宇佐美ミサ子 
                           
扣之帳 第28号

  

  史学へ入り直す 
――お生まれは小田原ですね。
宇佐美 私は小田原生まれで、小田原で育って、一時期を除いて現在
までズッーと小田原に住んでいますよ。

――小田原駅の前ですね。
宇佐美 あの辺りは住宅地だったんです。私のうちの前、今は横浜銀
行の駐車場がありますでしょ、あそこにはむかし大島という外交官が
住んでいました。裏のほうは児玉源太郎の親族で、有名な春陽会の画
伯が住んでいた。それから宮崎眼科、高橋歯科。その隣りに富士フイ
ルムの社長さんかしら、鈴木太郎さん。そのような人たちが住んでい
ました。戦後は高橋さん意外は東京などへ移ってしまったんです。か
つては住宅地域だったんです。

――大学では文学部に入り直して史学を選ばれてますね。
宇佐美 国文学をやろうか史学をやろうかと考えたんですけれどね。
国文学は小田原在住の詩人永田東一郎さんの影響です。永田先生は
「自由詩人」という詩の同人雑誌を自費を投じて作りました。この同
人仲間から多くの詩人が輩出しています。結局史学を選びました。し
かも史学に入ったのはもう四十過ぎでした。

 若い頃は法学部だったんです。これは法律を学んで弁護士になろう
かと夢を追っていました。私の友人は「宇佐美くん、やめなさいよ」
と言うの。弁護士というのは相手を敵と見なきゃいけない、敵と対決
して勝たなきゃいけないんだと。それはあなたにはむかないと言うん
ですね。あなたはどっちかといったら抽象的な考え方のほうがあって
いると。別にそういうことを考えていたのではないですけれどね。そ
ういうふうに言われたものでやめました。浅はかですね。そう言えば
あの頃読んでいた本というのは、法律の本よりも三木清とか戸坂潤と
か哲学、小説はロシア文学が多かったですね。私は抽象的な問題の方
がむしろいいのかもしれないと。そういうことで史学へ入り直したん
ですよ。

――この前の号(『扣之帳』第二十七号)の三元宏道さんのお話では、
白鴎中学でお会いしたと。

宇佐美 ええ。白鴎中学を辞めてすぐ法政大学の文学部史学科に入
ったんです。それから大学院に入ってそのままずっと大学院で研究生
活をしてきました。

  
  歴史を見る目
宇佐美 私が一番最初に勉強したのは都市経済史です。都市経済史
または寄生地主制の問題です。

 私の育ったところは小田原ですが、本家が裕福な大地主なんです。
地主制をやろうと思ったのは、当時の流行もさることながら、古島敏
雄先生の著作を読み、研究してみようかと。一種の時代状況、戦後の
風潮ではないでしょうか。また、実際に地主と小作関係に私自身肌で
感じとったことがあったので、研究してみようかと思いました。とこ
ろが、永年、小田原に住んでいる以上、地域のことをなにも知らない
のでは困る。それで地域史に視点をあわせました。

――主任教授どなたですか。
宇佐美 村上直教授。小田原は宿場町でしょ。都市経済史を中心に
やろうと思っていましたが、小田原は交通の分岐点ですから交通経済
史に的を絞りました。それで宿場と助郷の研究。結局、助郷にした。

  助郷の研究へ
宇佐美 助郷を研究しようと思ったのは、一つは農民はどのように
して近世を生き抜いてきたかに非常に興味を持ってたんです。だから
宿場の都市経済史より農民の方に目がいったんです。

――それは小作農民の側を見るということですか。
宇佐美 史料を見ているうちに、助郷で農民が夫役負担にかり出さ
れたということを具体的に知りました。近世社会というのは農民が中
心になりますからね。だから農民に支えられた近世ということになり
ますとね、農民に目を向けるべきだということで続けていったわけで
す。

 そこでもう一つ、農民が何でこんなに苦しまなくてはならないんだ
ろうかという単純な疑問を持ちましたね。なんでこんなに負担しなく
てはいけないのか。助郷って凄い夫役負担なんです。農民が苦しい思
いをしながら負担しなきゃいけないのだろうかというところに視点が
集中したんです。

 「なぜ」という疑問ばかりでしたよ。とにかくなぜなんだろう、な
ぜなんだろう。なぜ苦しむの。

――近くにそういうことを一緒に話し合うお仲間はいましたか。
宇佐美 大学の友人たちでした。村上先生を中心に、農村史研究の
学生。私の主任教授は代官の研究の第一人者です。代官は、上層と下
層の中間的存在。
――村上直先生は代官の本もありますね。

宇佐美 ええ、たくさんあります。『小田原市史』もやりましたよ。
小田原にも随分いらっしゃってくださってね。

――助郷の史料はやたら多いでしょう。
宇佐美 それはもうたいへんあります。助郷には江戸時代の農民の
姿が投影されているんです。江戸時代はだいたい農民が九〇%占めて
いますよ。残りのあと一〇%が武士ですよね。そう考えますと農民が
イコール民衆なんですよ。

――そうですね。
宇佐美 だから、地域なり日本を支えていたのは農民、民衆である。
ところが今までの戦前の歴史は英雄の歴史です。教科書に出てくるの
は頼朝や秀吉、家康、英雄ばかりです。そういうエピソードとか伝記
的なものじゃなくて民衆を叙述すること、一人一人探っていこうと考
えました。

 そこから出発し、歴史を見ていこう。地域に根ざした民衆がどのよ
うに地域を支え日本を支えていって歴史がつくられてきたか。それが
大きな視点でした。それが助郷の研究になったんです。

  
  「なんで米を食べてるんだ」
宇佐美 助郷研究は戦前に京都大学の経済史グループが最初にメス
を入れています。農民の負担、つまり人足負担の研究です。村上先生
はもちろん、私の恩師である児玉幸多先生が私に助郷をやれやれって
言うんですよ。「君がやんなきゃ誰がやるんだ」と

――見込まれちゃったんですね。
宇佐美 それで先生は、こういうことを言ってます。「人間という
のはね、一人じゃあないんだ、多くの人が支えあって生きているんだ」
と。そうして農民は社会の根元だから、農民の構造的問題として捉え
ることになりますよね。「農民が社会を支えてるんだ」と。

 先生は私に、「農民の生活を知らないで、キミ、米喰ってんのか」
なんて言われましてね。そういえば私ご飯大好き、お米食べている。
先生が「あれは農民が作ってるんだ。キミ、農民のことを考えたこと
あるか」と言うんです。そういうこと考えると、これはしっかり研究
しなければいけないなというところがありました。

 助郷の研究というのは主として主要幹線である五街道の研究が主流
でしたが、交通史研究学会が創立されて研究は大幅に進捗し、脇街道
の研究も目覚ましい発展をし、優れた研究が続々と報告されています。
 児玉幸多先生は宿駅制度、助郷制度として、制度史の視点を重視さ
れました。ところが、「君たちは米を食べてるんだよ、そこからしっ
かり入りなさいよ」っていうようなことをきつく言われましたね。そ
れはもっともだなと思いました。

 戦後の歴史学は唯物史観が先行していた。羽仁五郎さんの人民史観
です。

――羽仁五郎には『都市の論理』というのがありました。
宇佐美 近世では安良城盛昭先生はじめ佐々木潤之介先生、中世で
永原慶二先生など、私にとっては神様みたいな大先生のご本に触れま
した。
――永原先生は小山町の人ですね。

宇佐美 皆様お亡くなりになりましたが、永原先生は『小田原市史』
の中心的な役割をした方です。『永原慶二著作集』が出ています。歴
史教育と歴史学のあり方、二十世紀の歴史学とか、これから二十一世
紀に向けた歴史学がどうあるべきかという著作です。私は夢中で拝読
しました。ホントに素晴らしい先生です。示唆を受けました。

――あの方の書かれた一般向けの本をみても、よく砕いてわかりやす
くお書きになっています。

宇佐美 そうですね。新書で『富士山宝永大爆発』(集英社新書)
が出ています。

――伝えようという気持ちが最初にあるんですね。
宇佐美 そうです。それは素晴らしい歴史方法論だと思います。
      
        
(後略)
           (以下に小項目を示す)


            ええじゃないか運動
           なんか作ろうよって
           助郷制度があった
           家父長制が問題だった
           反戦平和が旗印
           方法は幅広いほうがいい
           主夫もいた
           日本の女の地位
           今なず女性史なのか

******** 以上 第28号 女性史への道 **********
 

 足柄学講座・歴史編    小田原宿の助郷

宇佐美ミサ子

扣之帳 第29号

 

「キミ、助郷をやりたまえ」
――なぜ助郷を研究されるようになったのかについては前回お話して
頂きました。今日はその続きをお話願いたいと思います。

宇佐美 そうですね、今回は小田原が宿場町であること、交通の主
要都市ですね。そういう意味では「宿駅制の一環としての助郷の存
在」について話をしていこうと思います。

 児玉幸多先生から、「キミ、助郷をやりたまえ」と言われたんです。
宿駅制度をやるんだったら農村に目を向けて、宿駅を援助した、宿駅
のためにいろいろな農民が夫役(ぶやく)を負担したということに着
目して助郷をやったらどうかとサゼスチョンを受けました。

――二〇年ほど前に『近世助郷制の研究』というご本をお書きになっ
ていますね。

宇佐美 それは千五百枚くらいの博士論文で、拙論を見ていただい
たのは主として九州大学の丸山雍成(やすなり)教授と主任教授の村
上直教授です。丸山先生は交通史のトップレベルの方です。

 助郷というのは分かりにくいんですね。申上げたように宿駅制の一
環としての助郷の存在に目を向けました。つまり助郷を幕藩体制下に
おける農民の支配政策の中でどういう位置づけをしたらいいかという
ことです。助郷というのは農民の役(やく)です。

 農民にはいろんな役がかかっています。助郷はそのうちの一つの役
です。これは労役なんです。つまり労働です。夫役ですね。即ち夫役
徴集の実態を検討したということになります。そこでまず助郷の成立
に焦点を絞ってみました。


  城下町内における宿場町
――宿駅制は江戸のはじめに整備されました。
宇佐美 徳川家康は中央集権国家の体制をつくるために交通に力をい
れました。交通をまず整備すること。江戸中心です。そこから放射線
状に交通網をつくって、そこに宿駅という拠点を置くわけです。特に
五街道を整備したのです。

――ええ、東海道、中山道・・・。
宇佐美 奥州街道、日光街道、それから甲州街道。これらが幹線道
路で、あとは脇街道ですね。五街道は幕府の道中奉行の支配です。脇
街道は領主、藩の管轄になるわけです。
 幕府は宿駅制度を成立させ、道中奉行所を設置します。まず高木伊
勢守を任じて全国の宿駅を道中奉行の直接支配下に置きます。五街道
の中でも東海道が非常に重要視されました。

――朝廷のある京都、経済の中心地大坂との関係ですね。
宇佐美 そう。政治の道と言っていいですね。小田原宿は江戸から
二〇里、
品川から数えて九番目の宿駅です。近世的な宿駅は戦国時代
からの城下町的な宿駅と経済を中心とした宿駅の二つに分かれます。
小田原のばあいは両方兼ねるわけです。城下町内における宿場町とし
て発達してきたということです。それが特色になります。

――政治の道だと言われましたが、公儀が使う道として東海道は特に
重要だったと。

宇佐美 そうです。中山道は経済的な要素が多い。東海道の場合は
非常に政治的な道です、公儀、パブリックのための交通路です。他に、
奥州・日光街道、今は街道と言わないで「道中」と言いますね。奥州
道中・日光道中・甲州道中・・・。

  東海道は「百人百疋」の常備
宇佐美 東海道の宿駅には、「百人百疋」といって、百人の人足と
百疋の馬を用意するんです。中山道が五〇人五〇疋、あと奥州道中・
日光道中・甲州道中が二十五人二十五疋、これを常備させた。

――本当に人が百人、馬が百疋、宿に常備したんですか。
宇佐美 そうです。馬百疋ってたいへんですよね。
――小田原宿の場合、馬の置き場はどの辺りにあったんですか。
宇佐美 そうですね、問屋場がありましたね・・・。
――松原神社の辺りでしょうか。
宇佐美 それがはっきりしなくて・・・。
――百五十年足らずですが、もう分からなくなってしまったのです
ね。問屋がある場所と馬を置いておく所は多少離れていたんでしょう
か。

宇佐美 そんなに離れていなかったと思いますよ。町のど真ん中に
馬百疋置くわけないですよね。常時は中継で二〇・三〇疋置いて・・
・。

――イメージが掴めないんですよね。
宇佐美 本当にね、小田原の場合には本陣さえ完全な形では何処に
あったのか分からないのです。

――小田原宿に詳しい中村静夫さんのお話もお聞きしたいですね。
宇佐美 天保期の小田原宿については、中村さんの図を参考にしま
すとその頃の四つの本陣が分かると思います。しかしこれを見ても、
問屋場はだいたい分かりますけれども、どこが本陣かわかりません。

――百人という人足の溜まり場はどこだったんでしょうか。
宇佐美 それも分かりません。本当に分からないことだらけですね。
――古文書を調べられて金銭の出入りまで調べられていますが、場所
については分かりませんか。

宇佐美 史料として、文書として残っていてもですね、実際に現地
に行っても違うんじゃないかってことがありますからね。

――とてもここだとは考えられないと・・・。馬がどこに集まってい
て、人足がどんなふうにして溜まってたんですかねえ。


  小田原宿は分からないことが多い
宇佐美 結局ね、小田原の場合はずいぶん変わっちゃっているんで
すね。静岡の岡部宿などははっきりわかりますよ。

――ええ、岡部宿には行ったことがあります。あそこはバイパスがあ
って、旧道に古い宿が残ってまして、本陣も保存されていました。

宇佐美 小田原はどうしてですかね、分からなくなっているね。本
当は中村さんを中心にして本陣の位置付けを確認することが必要です
ね。一つくらい本陣を復元しなきゃいけませんね。

――宇佐美さんにその辺を聞けば全部わかると思いましたが。
宇佐美 いえ、分かりません、文書だけでは。歩いて確かめること。
――もう分からなくなってるんですね。
宇佐美 オリオン座(映画館)がありましたでしょ。あの辺に片岡本
陣がありましたね。

――今はマンションになってしまいました。
宇佐美 裏の方にちょっと碑があるだけです。
――小田原が幹線にあるからこそ変化が大きくて、今残っているもの
というと分からないというのが実情ですね。

宇佐美 国道一号線見てもその面影は感じられません。だから、み
んな分からなくなりますよ。

――国道を広げるためにどれだけさがったのか。
宇佐美 今分かるのは箱根の旧道、石畳でしょ。あれは完全に残っ
てますよね。だけど国道一号線ね、どこに何があったかと分からない
です
よ、あれだけ広い道だから。

――小田原藩が維新の際に藩政の史料をボンボン焼いてしまったとい
うこともあるでしょうね。

宇佐美 それから、小田原はすごい火災が起ってるんです。安政に
は大地震があって焼けてますし、明治三十三年に海嘯、大津波があっ
て、それできれいにやられたんです。だから、町自体の史料はあんま
りないですよ。

――沼津あたりでも火災がありましたが、奥の方は結構残ってますね。
宇佐美
 小田原の場合も周りの農村の史料はあるわけですよ。例え
ば近世後期の稲子家文書はね、四千点ありましたよ。私はこの稲子家
文書で論文を書きました。

――町というと宿老の外郎(ういろう)がありましたし、また「そび
そ」なども古くからありました。ああいうところでは貴重な文書とし
て残していないんですか。

宇佐美 残してあると思いますよ。
――個人の文書ですが、それ以上に皆の史料といえますね。
宇佐美 文書というのは共有財産なんですよ。
            
           (後略)
           (以下に小項目を示す)

           漬物石でも風呂桶でも
           「囲い人馬」と助郷
           領主が負担する人足もある
           宿は地子を免除されていた。
           無賃が多かった
           助郷が徴発されるには
           「助馬」から「助郷」へ
           宝永の噴火で助郷も出せない
           村は助郷をサポートできない
           名主は江戸へ嘆願に行った
           助郷役は「国役」ではない
           享保三年の「助人足」係争
           文化十二年の「相助馬」
           天保十二年の「加助郷」係争
           幕末の「当分助郷」 
           助郷がなくなった
           助郷研究をとらえ直したい

  

 ******* 以上 第29号 小田原宿の助郷 *********







     
     足柄学講座・歴史編      小田原宿の飯盛女
                宇佐美ミサ子


                                  扣之帳 第30号
 

  私の心象風景

――なぜ飯盛女を研究されるようになったのかというあたりからお話
願いたいと思います。

宇佐美 近世の飯盛女をやるきっかけになったのは、幼い頃、仲の
よかった友人にM子という人がいましてね。非常に物識りな子だった
んです。私は小さいときから病気がちで、身体も小さいし、いつもそ
のM子さんに寄りかかっていた。彼女は芸娼妓の置き屋の娘でした。
置き屋は多分、神奈中ボールがありますでしょ、あの辺でした。少し
前まで門は残っていましたね。

――抹香町はもっと浜側でしたね。
宇佐美 そこは高い黒塀に囲まれて、そこにはいつも怖い男の人が立
っていたんですよ。よく母から、「あそこには絶対危険だから遊びに
行っちゃいかん。あんたたちの行くところじゃない」と言われていた
んです。でも面白いから遊びに行っていたのです。

――何して遊んだのですか。
宇佐美 石蹴りなんかして遊んでいたんですよね。しかし、太平洋
戦争が勃発した頃ですから防空壕を掘るためにもうそこでは遊べなく
なってしまったんです。そのうち私も女学校の受験勉強をしなくては
いけないのでM子とは遊べなくなったんです。 
 そういう幼い頃の心象風景がきっかけになると思います。女が商品
のように売られ、買われた社会、性差別、身分差別があって人間とし
ての権利が認められない社会が、歴史的事実として残されていたって
いうこと、これが私の最初にまず近世の飯盛女をやる一つの大きな理
由かも知れません。

――少女宇佐美ミサ子としては大きな衝撃だったんですね。
宇佐美 そういうことです。

  「竹本屋幸右衛門一代記」
――それが即、現在の研究に繋がるというわけでもないでしょうが・
・・。

宇佐美 それは非常に難しい問題になるんですが。前回お話しまし
たように私は都市交通経済史を研究していましたが、小田原宿を調べ
ていましたら、旧東海道の町家から出土した遺物とか遺構から、旅籠
屋と想定される位置に竹本屋を経営した幸右衛門という人が出てくる
んです。この人は二宮尊徳の仕法を学んだ人です。素晴らしい人なん
ですよ。
――ええ、ときどき名が出る人ですね。
宇佐美 ところが、その幸右衛門が江戸から遊女を同行して小田原
へ来ているんですね。そしてその遊女を自身が経営している旅籠屋で
飯盛女として抱えてるんです。これは「報徳金土台帳」に載っており
ます。

 要するに、宿場の財政が逼迫してくると、それをどういう手段で赤
字財政を埋めていくかということを考えます。報徳仕法を実践した高
邁な尊徳の倫理観を説くような小田原の商人でさえも、宿救済の再生
を図るためには仕方なく飯盛女を置いて宿を繁栄させるという手段を
とらざるをえなかった。というのも、旅籠代の揚げ代の一部がつまり
刎ね銭ですね、宿財政に繰り入れられるわけですから。宿場の財政が
逼迫しているときにはこういう竹本屋幸右衛門のような素晴らしい商
人でさえもこのようにせざるを得なかった。

――なりふり構わずですね。
宇佐美 こういう小田原の経済的なトップリーダーがですね、宿の
財政を救うためには飯盛女を置かざるを得なかったというんですね。

――私は幸右衛門を少し調べたことがあるんです。武井のども安とか
黒駒の勝蔵とかと兄弟分で、だからヤクザでして、人殺しして甲州か
ら逃げてくるんです。南足柄の竹松に一度養子に入りまして、それで
こっちへ来て・・・。幸右衛門というのは、民間で報徳社をつくった
最初の男ですね。「竹本屋幸右衛門一代記」なんて書けば面白いです
よ。

宇佐美 人間の二面性ですね。どんな手段をとっても財政を救わなき
ゃいけない。それには我々みたいなトップリーダーが何とかしなきゃ
いけないんだと、それには手段は選ばないぞということでしょう。小
田原報徳社のリーダーですものね。

――尊徳に認められるのですから。相当肚の据わった男でないと尊徳
さん、お金を融通しませんものね。

  宿駅制の矛盾の一つ
宇佐美 そうですよ。そういう非常手段も男性の性の欲求を充たす
ために利用された一つの性労働を認めたことになるでしょう。宿場が
貧窮な農村の女性の放出の場であるということ。

 ただね、私はそれに対して、それは違う、生産労働の手段は他にあ
るんじゃないかと。それなのに幕府は結局飯盛女を黙認しているんで
すよ。幕府の倫理観と矛盾する。

――儒教的ですね。
宇佐美 そうです。朱子学を学んだ人が幕府の政治倫理と乖離しても
宿場に飯盛女を置かざるを得ないという事情、そのような黙認する手
段をとる・・・。財政逼迫という経済的問題でもある・・・。

――そうすると、宿場制度そのものの矛盾によって生み出されたも
の・・・。

宇佐美 そうです。結論からいえばそれです。宿駅制の矛盾が露呈
されている典型。

――最初から通常の取引の上での宿駅が成り立っていたならば、財政
赤字を補うかたちでこういうことをやるまでもなかった・・・。

宇佐美 そうです。
――私たちがいま公用は無賃であると、それが飯盛女を置かざるを得
ない遠因であろうというふうに考えるのも、前回助郷のお話をうかが
ったからですね。そうでないと飯盛女から宿駅制度の矛盾にたどり着
きません。

宇佐美 それは私が一番はっきり出しました。宿駅制の矛盾の一つ
であった、構造的矛盾がこういうところへ露呈されたんだとね。

――『宿場と飯盛女』(宇佐美ミサ子著・同成社刊・二〇〇〇年)の
場合は、宿駅制度と密接で、視点が両方に行っているからシンが通っ
ていると思いました。

宇佐美 ええ、私はこれを書くにあたって、まずそういうことを考
えましたね。例えば、後に出てきます「はつ口上書」ですね。あれを
見ても、本来だったらああいうことは有り得ないことですよね。だけ
ど徹底的に働かされることで彼女たちはどれだけ惨めな思いをしてき
たかってことに、まず私はそこに目が行ってしまうんですね。

  石ころゴロンの墓
――昨今、江戸ブームといわれますが・・・。
宇佐美 近世の遊女関係の著作を見ますとね、遊女を礼賛するよう
なことが一種のブームとなっていることがわかります。遊郭文化とい
いますか、地方文化とか江戸文化がそこから生まれたんだという捉え
方、それはわかります。

 しかし私は、彼女たちはどこから来たのかということをまず考えて
みる。何のために遊女になったのかと。勿論すすんでなった人もいま
したよ。でも実はそうじゃないんだと。結局、家の救済です。極貧層
ですね。そういう下層の女たちで、しかも売られてきて、吉原や宿場
で「お大尽」たちを相手にする。だから外交的なことや教養を身に付
けていくということは確かにありました。そこで学んだことも多いで
すね。よく遊女の行列とかありますね。

――花魁道中ですね。
宇佐美 華やかな中にひそむ遊女の存在を探ることです。
 宿場を訪ねながら私は寺院に行きます。石ころがゴロンと転がって
いるような飯盛女の墓があります。そういうところを見ますと、これ
は何なんだろうか、人格をまったく無視され、搾取された人の墓じゃ
ないかと。そこでショックを受けるわけですよ。

 なかには素晴らしい墓を建ったところもあるんです。東海道の御油
宿(豊川市)、ここに嘉永元年俗名豊吉とか、ため助という名前の墓
があるんです。東林寺のお坊さんに聞いたんです。こんな素晴らしい
墓をよく建てましたねって。そしたら、明治に入って、旅籠屋で使役
していた自分の祖先が搾取していたので、私たちはそれを静かに葬り
たいということでこういういい墓を建ててくれたと。

――戒名がありますね。
宇佐美 戒名をちゃんと付けてますもの。だからこれは凄いなと思
いましたよ。こういう墓はあちこちにあると思うんです。藤沢の遊行
寺にもあるんです。

――そうですか。
宇佐美 宿場を廻ってみると、そしてそこに飯盛り女の墓があるか
どうかっていうのはパッと見た感じですね。何かありそうだなって感
じで入って行ったりするんですよ。もしかすると、なんて思ってね。

――すると、資料館や図書館に行く前にまず墓を廻るんですね。
宇佐美 最初は資料館や図書館に行ったほうがいいですね。そこで
話を聞いて、あそこにお墓がありますから行ってごらんなさいなんて
言われますもの。私は追分がそうだったんです。追分の資料館にも行
きました。
北国街道と中山道の分かれる追分に「わかされ」という所
があるんですが、その真ん中に赤ちゃんを抱いているマリア観音像が
あるんですよ。あれを隠れキリシタンだという人と、いやそうじゃな
いんだ飯盛女を守る像だと。というのは、飯盛女が逃亡するときに「
わかされ」の像にお詣りしていたんですよ。マリア観音のやさしさに
触れる。

 それからもう一つ。堀辰雄記念館に行ったらすぐ近いから泉洞寺に
も行くべきですよ。享年十八才とか二十を越えない墓があります。戒
名がない。これはおそらく飯盛女の墓ですよ。

――明治に入って富岡の製糸工場で働いた女工さんの墓も工場の近く
のお寺にありますね。

宇佐美 よくこういう言葉があるんですね。「昔飯盛、今女工」っ
ていうんです。

――少し前まで、「昔陸軍、今総評」でしたね。
宇佐美 女工は製糸工場の女工ね。野麦峠に象徴されています。ど
ちらも底辺の女性ですよ。貧しい家の救済の為です。それで自分が犠
牲にならざるをえない。

  傾城屋商売
宇佐美 幕府は江戸の吉原に遊郭を公認します。幕府としてはなん
としても財政を豊かにしなければ何もできないわけですよ。

――たしか吉原をつくるときに小田原の人が行ってますね。
宇佐美 それは庄司甚内といって、小田原から江戸へ出た人です。
江戸は幕府の政治理念がきちんとしているところなのに、あちこち私
娼が散在して増えるようでは困るので、特定の場所をつくってそこに
限ればいいと言いました。

――うまいこと言いますね。また江戸は参勤交代でもあり男性の比率
が高いところでしたからね。

宇佐美 その代わり傾城町以外の場所で傾城屋商売をしてはいかん
とはっきり言ってますね。それは風俗とか社会不安を危惧しているか
らです。寛文年間に公認された遊郭は全国でも限られていましたね。

――街道の宿場でもだんだんそういう需要が多くなってきましたが、
それは宿を利用する人が増えてきたからですね。

宇佐美 そういうことです。小田原は随分多くの旅行者が泊ります
からね。

   
           (後略)
           (以下に小項目を示す)


           飯盛旅籠の開業
           文化三年に飯盛女許可
           「一夜湯治」始末
           小田原宿を背負う自負
           飯盛刎銭のこと
           飯盛女は江戸女か
           飯盛女はつの口上書
           飯盛女の自己主張
           春吉・ふくの欠落
           請状の研究
           無条件の使役
           飯盛旅籠から貸座敷へ
           隠れ証文
           色地蔵様よ
           女衒は凄い商売
 
   

********* 以上 第30号 小田原宿の飯盛女 *****



作品リストへ戻る

トップページへ戻る