田代道彌集

トップページへ戻る
                                                田代道彌

作品リストに戻る

小田原城下筋違橋・欄干橋界隈
     
=三好達治来住のころ
            写生と自然観察           
            小田原城絵図          
            城郭の変遷                  
            欄干橋・筋違橋 
            小路の由来              
            三好好さんの来住              
            詩集『艸千里』
             『羈旅十歳』(『曲浦吟」)
            屋上の鶏』(「碧落」)    
            梅はいい  わけて梅花はいい  
              ことのねたつな      
            鳥の話         
以上第十三号
 
 
        オオコノハズク・アオバズク
     =白秋の『木兎の家』のみみづくをめぐって=
            三度目の正直 
            ふくろう・みみづく・青葉づく 
            みみづくの世界 
            歴史的和名と現代標準和名 
以上第二十一号 
 
 
     『風祭』という地名
        =風まつり習俗探訪ノートから= 
          一、序章―風祭と『つのとり講』 
          二、水田稲作と風まつり 
          三、いまひとつの水田稲作の風まつり 
          四、獣を屠って冬の風をまつる 
          五、風穴から吹き出る風をまつる 
          六、人の息から生れる風をまつる 
                  以上第二十二号 
 
 
    ハコネコメツツジ遺聞
         =その発見と記載までの経過をめぐって=
 
              はじめに 
             「古種」ハコネコメツツジ 
            マキシモヴィッチと日本の植物 
              ハコネコメツツジと田中芳男 
            まとめ 
以上第二十六号 
 
            わが郷愁の里神楽師たち
        =消え去った神楽曲の余韻を追って= 
            『神代神楽』と『面芝居』と 
             大磯六所神社付属の神事舞太夫たち 
             富田悌之助と坂東薪蔵 
              以上第二十七号 
 
曼珠沙華縄文作物論・序説
=いまは忘れられたこの路傍の花への挽歌= 
 なぜ人里にばかり咲
マンジュシャゲの祖型をたずねて
マンジュシャゲの食習慣と調理法 
マンジュシャゲ放任栽培の起源 
 日本渡来は縄文時代
                                          以上第三十一号




作品リストへ戻る