村筒 

東 好一

作品リストに戻る

トップページに戻る


冒頭抜粋

     其の壱
                     
 第一号
  
村筒、その特異な名称 

   
・呼称の変遷

   
・定義のない「村足軽」

   ・村筒の特別待遇

   ・村筒の誇りと反抗

   ・村筒の起源


   
「高ノ帳」と「三筋」の謎

   ・幕府の制った小田原藩村足軽


 江戸時代、小田原藩領には村筒と呼ばれた人びとがいた。
 その数三百十八人。これを統率する子頭が十四人。彼らは
 箱根・丹沢・伊豆山系の奥地や足柄峠を越えた御殿場の山
 村などに散居していた。
   村筒の筒とは、鉄砲の筒のことである。では彼らは猟師
 なのかというと、そうではあるがそうではない。彼らは耕
 作をして年貢も納めていた。では猟師兼業の百姓かという
 と、それも違う。彼らは藩から特殊な任務を与えられ、小
 頭は二俵の扶持米をもらい、平の村筒は、持高十石までは
 諸役を免除されていた。(注1)
  彼らは、時には太刀と脇差を帯びて任務に着くこともあ
 った。よく「苗字帯刀を許す」といわれるが、この場合の
 刀は脇差のことである。村筒は太刀を腰に差すこともあっ
 た。では彼らは士分であったかというと、苗字を持たなか
 った。
 (後略)

                    其の弐
                                        第二号
   
    元禄三年鉄砲改め帳の謎

   ・貞享四年、菖蒲村の鉄砲改め帳

   ・「村筒」という呼称の登場

   ・転封大名だった大久保氏

   ・唐津藩の郷足軽


  江戸時代村筒(むらづつ)という特異な呼称を持つ人
 びとが、小田原領の山間に散居していた。彼らは武士と農
 民の身分の境界を行き来し、藩から命じられた特殊な勤め
 をはたしていた。
  村筒が領内の山間に置かれていた当初、彼らは鉄砲打ち

 と呼ばれ、やがて村足軽と呼称を変えられた。そして貞享
 三年、大久保氏が小田原城主として再入封する頃から村筒
 と呼ばれるようになったと言われている。
  彼らはなぜ村筒と呼ばれるようになったのか。今回はこ
 のことを中心に考えてゆきたいのだが、簡単に答えを得ら
 れそうにない。
  というのは、稲葉氏から大久保氏への領主の交替という

 ことだけでなく、この頃、鉄砲について、幕府が強力な規
 制に乗り出すからである。(注@

作品リストに戻る

トップページに戻る