トップページに戻る
作品リストへ戻る


小田原の文学発掘


                                                  岸 達志             

第一回  忘れられた作家            岩越昌三のこと
第二回  小田原から興った「民衆詩」運動   福田正夫のこと  
第三回   「抹香町」まで          川崎長太郎のこと
第四回   「豪の者」                尾崎一雄のこと
第五回   「小説家」             長谷川如是閑
第六回   「律儀なスタイリスト」      北原武夫
第七回   「理想主義文学の華」      武者小路実篤のこと
第八回  山を見た人               中河与一のこと
第九回  望郷の詩人               薮田義雄のこと
第十回  玩具函(おもちゃばこ)の住人(カリスマ) 牧野信一のこと 
第十一回  ペンで近代を開いた人         北村透谷のこと
第十二回 小田原の文学風土を語る  気候温暖なアジー
第十三回   白秋―詩精神の底流      対談・岸 達志/三津木國輝
第十四回  山岳文学のさきがけ       辻村伊助のこと
第十五回   大衆文学の達人         吉川英治のこと


冒 頭 抜 粋

    第一回 忘れられた作家  岩越昌三のこと

                                         
 第5号
    

   小田原と文学


 ー田原出身、あるいは小田原とゆかりの深い作家と、その文学風土について

  語っていただきたいと思います。その第一回目に誰をとり上げるかという相談

  をしたところ、岸先生は迷わず岩越昌三の名をあげられましたが、それはどう

  いう理由からでしょうか。

 岸 小田原というところは気候の良いところです。そこへもってきて東京から

  の距離が近すぎず遠すぎず、絶好です。そして戦前までは横浜の次の駅で都

  市的な空間があったのは小田原だけでした。だから数多くの文士が小田原に

  居を構えた。長く住んだ人、短かった人さまざまですが、たとえば北原白秋・

  谷崎潤一郎・北条秀司などたくさんいます。 

  ―谷崎潤一郎も小田原に何年か住んでいたことがあったんですか。


  岸  ありました。谷崎は小田原で或る事件を起こしているのですが、その話

  は後で触れるかもしれません。

   (途中略)

  ところで、小田原藩士の出で、また小田原中学出身の小説家で忘れられてい

  るのが岩越昌三です。そして北原白秋以外は小田原市内に文学碑があります

  が、岩越昌三には文学碑がありません。ですからこの人は忘れられた作家と

  いっていいと思います。

   しかし、講談社の『日本近代文学大辞典』には岩越昌三は載っています・この

  人は三冊の作品集を出しているのです。今回、最初に岩越昌三をとりあげたのも、

  忘れられた岩越昌三を掘り起こして世に知らしめたいとの思いがあるからです。

   (途中略)

   (以下小見出し)

    ・岩越昌三との出会い

   ・昌三と牧野英二

   ・岩越兄弟のこと

   ・『早稲田文学』と昌三

   ・第一作品集『石生藻』

   ・岩越昌三の文学

   ・作家の執念―尾崎・牧  野と昌三

   ・繊細な岩越文学

   ・小田原に残る岩越昌三


   巻末に独自の読み物風略年譜を添付
   (以下同様)



    
    第二回 小田原から興った「民衆詩」運動
              福田正夫のこと

                                        
第6号

  ―福田正夫は、大正七年(1918)に『民衆』という雑誌を発刊し、民衆派詩人と

  して活躍しています。民衆派詩人たちは大正時代の詩壇の先頭を走り、大きな

  影響を及ぼしているのですが、現在、正夫の出生地である小田原では、福田

  正夫についてあまり語られることはありません。岸先生が福田正夫について関

  心をお持ちになったのはいつ頃のことでしょうか。


  岸  
わたしは父から福田正夫の名前をきいておりました。福田正夫は明治

  二十六年に小田原で生まれましたが、私の父は明治二十五年生まれで、二人

  とも鎌倉の神奈川師範に入っています。父から「鎌倉師範で福田という男が詩

  を書いていた」と聞きました。そのように福田正夫は若年ながら詩人として名が

  出ていた人です。

      (途中略)

      (以下小見出し)

   ・画期的だった『民衆』の 発刊

   ・
福田正夫と北原白秋

   ・
民衆詩の果たした役割

   ・
天衣無縫、純粋な人柄

   ・
新しい光を当てたい福田 叙事詩
・ 

 
  
   第三回  「抹香町」まで 川崎長太郎のこと 

                              第7号

    
    醒めた目



  ―岸さんが川崎長太郎とはじめて会ったのはいつのことでしょうか。

 岸 私が最初に川崎さんを、遠くからでしたが、見たのは中学生の時です。校

  庭にいたら、同級生の柳川修一君(後に相洋中学校校長)が、「あそこを歩い

  ているのは誰だか知っているか、私の近所の川崎長太郎だ」と言うんです。

   (途中略)

   (以下小見出し)

   
・物置小屋へ

    ・もう一人の「文学の鬼」

    ・下駄履きの「散歩人

    ・地下水のような詩情



   第四回  「豪の者」   尾崎一雄のこと

                                              第8号

    初めてお会いした時


  ー尾崎一雄は明治32年(1899)の生まれですね。


  岸 そうですね。前回の川崎長太郎さんが34年ですから尾崎さんが二歳年長

  です。


  ―岸さんが尾崎一雄に最初にお会いになったのはいつ頃でしょうか。

 岸 昭和23年(1946)頃ですね。尾崎さんが下曽我に帰って来ていることを知

  って、一度お会いしたいと思っていたのです。岩越昌三先生に紹介状をもらって

  行きました。尾崎さんが病気で寝ていることは知っていました。真っ白な顔で寝

  たままお会いしました。私の父は小田中で尾崎さんより上で「君んとこのお父さ

  ん、知っているよ」と言っておりました。



     (途中略)

     (以下小見出し)



   ・「暢気眼鏡」の誕生

   ・神品「虫のいろいろ」

   ・豪傑 尾崎一雄

   ・二人の最後の私小説家  


    第五回  「小説家」 長谷川如是閑

                               第9号


   人間味のある江戸っ子


  ―今日はたまたま東泉院に来ておられた木村博さんにも同席していただきます。

    ところで岸さんから長谷川如是閑を取りあげたいと言われたときにはびっくり

  しました。

 岸 如是閑は評論家として有名ですが文学者でもあります。昭和初期の円本

  (『現代日本文学全集』改造社)にも如是閑は入っています。筑摩書房の『明

  治文学全集』には入っていませんが、それは如是閑の処女作『額の男』が明

  治42年(1909年)で、作品の多くを大正・昭和に発表しているからでしょうね。

   如是閑は晩年小田原に住んで、この地で亡くなった人で、縁の深い人です。


    (途中略)

    (以下小見出し)

    
生粋のジャーナリス

    
画期的な実験小説 

    
終の棲家 八旬荘



    第六回 「律儀なスタイリスト」 北原武夫

                                              第10号


     北原武夫と川崎長太郎


  ―北原武夫に関心を持たれたきっかけは?


 岸 私が最初に北原武夫に興味を持ったのは、学生時代に、川崎長太郎さんの

  有名なあの小屋に行ったときです。川崎さんの自著以外はあんまりなかったの

  に、北原武夫の『妻』があったんです。「あっ」と思いました。二人は人間も作風

  もおよそ違うので、「北原武夫の本がありますが」と聞きますと、川崎さんは「あ

  っ、武ちゃんか」と言うのです。そして、「ぼくは三つ四つ上だけど、彼も文学志

  望で、若い頃から親しくしていたんだ」と言うのです。

   『北原武夫文学全集』の月報の真っ先に川崎さんが書いています。それを読ん

  でみると、北原武夫は中学生の時、川崎さんと親しくなったといいます。川崎さん

  は家業の魚屋の仕事を手伝いながら文学を志していた頃です。北原武夫の家

  は今のさがみ信金の本部のある辺りです。二人の家は近くて一緒に『夕暮』と

  いう同人雑誌も」出していたそうです


     (途中略)
    
     (以下小見出し)


     ・出世作「妻」

     ・宇野千代の「刺す」

     ・文芸評論家・北原武夫

     ・「マタイ伝」と「告白的女性論」

      ・西洋的な人


    第七回 「理想主義文学の華」 
              武者小路実篤のこと


                                                 第11号


   きょうは武者小路先生のお話なので、伊豆から木村君にも来ていただきま

  した。木村君とは学校が一緒で。武者小路先生の会にもよく一緒に同行致しまし

  た


  ―岸さんが武者小路実篤を知るようになったのはいつ頃からでしょうか。

 
 私は早くから武者小路先生の愛読者だったのですが、年譜を見ますと、昭和

  二十年(1945年)十二月に、「新しき村講演会」が駿河台の文化学院の講堂で

  開かれております。それを私は駿河台を歩いていて、手書きのポスターを見て

  行ったのです。

   講演会ではじめて見た先生は、質素な和服を着て、朴訥で無造作な話し方であ

  りながら熱情を秘め、人間的に魅力のある大きなあたたかい感じの人でした。集

  まった人は二十人くらいでしたね。これは毎月開かれて、先生は必ず出席されま

  した。それから私は友人に勧め、木村君も引っぱって行きました。



 木村 岸君は私よりも一歩も二歩も先を歩いていたんです。新しき村だけでなく

  ね。

   そんなことで武者小路先生とお近づきになれたんです。またこのとき会場だっ

  た文化学院院長の西村伊作先生とも御縁ができたわけです。



     (途中略)

     (以下小見出し)


     ・白樺派ーお目出たき人

    ・仏説『わしも知らない』

    ・白樺派の役割

    ・新しき村の創設

    ・セザンヌの絵を運んだこと

    ・東泉院ご宿泊のこと

    ・人間以上でもなく以下でもなく




   
  第八回 
 山を見た人  中河与一のこと
                              第14号

  ― 今回はこのお寺と特別にご縁の深い中河与一です。文学碑もあるしお墓も

  あります。

  また毎年十一月には夕顔忌をしております。



 岸 命日は十二月十二日ですから、毎年その前後にやっております。この間、

  中河与一の主治医だった間中病院の本多正先生が「今年も夕顔忌をやるんで

  しょう」と言われまして、思わず「やります」と返事をしてしまいました。今年は

  十二月二日に行います。

   本多先生のおじいさんは秋田玄務というフランス語学者で、中河先生と親しく、

  カミュに出した手紙の翻訳なども去れていたようです。



  ―夕顔忌を始めたきっかけはどんなことでしょいう。


 岸 小田原でお墓があって文学忌をやっているのは北村透谷だけです。牧野

  信一も尾崎一雄もやっていません。それじゃちょっと寂しいので始めたのです。

  今年で十年になります。

   (途中略)
   
   (以下小見出し)

   ・新感覚派時代と代表作『天の夕顔』

   ・神経的恐怖

   ・人生は群禅の中に或る

   ・左翼批判の評論

   ・浪漫の小説、愛国の評論

   ・孤独地獄

   ・中河流の浪漫主義

   ・「天の夕顔」のロマンチシズム

   ・小田原時代

   ・されど山を見たり



  
   第九回   望郷の詩人  薮田義雄のこと

                                                第15号
     


    詩人薮田義雄は明治三十五年小田原に生まれ、小田原中学二年のとき

  北原白秋に師事する。昭和五十九年二月十八日、八十一歳で亡くなる。昭

  和五十三年に『薮田義雄全詩集』が出版されている。



  ―先日、南町の小田原文学館に行ってきました。小田原ゆかりの文学者の

  遺品が展示されていますが、薮田義雄については誕生地の写真が貼られて

  いるだけですね。



 岸 そうでしたか。薮田義雄は小田原が生んだ詩人であり、また小田原をう

  たった詩人です。大木惇夫(あつお・篤夫)は、薮田さんを評して、薮田さん

  を評して、「こんなに郷土をうたった詩人はいない。郷土に淫するが如し」とま

  で言っています。

   今回の話で皆さんに薮田義雄を知ってもらうきっかけになるとよいと思います。



    (途中略)

    (以後小見出し)


     ・生い立ち

     ・白秋との出会い

     ・師と弟子

     ・処女詩集『白沙の驛』

     ・純粋な詩人

     ・「重い荷物」

     ・望郷に詩



 
             
             おもちゃばこ  カリスマ
   第十回   玩具函の住人  牧野信一のこと

                                                第16号


  ―きょうは地図研究家の中村静夫さんにも来ていただきましたので、中村さん

  から牧野信一の生家などについてもお話があると思います。

   ところで、岸先生が牧野信一の名前を知ったのはいつ頃でしょうか。


 岸 まず、牧野は私の父と小田原中学校の同級生でした(大正三年卒業)。

  父も牧野信一も剣道部で、一緒にやっていたようですね。父も文学青年でし

  たから、晩年までよく牧野、牧野と言っていました。後輩の尾崎一雄が、牧野

  はラッパ手でよく目立ったと書いていますが、父からもラッパの話を聞いたこと

  があります。そんなわけで牧野信一の名は作品を読む前から知っておりました。


  ―小田原市長だった鈴木十郎とも同級生でし たね。


 岸 そうです。鈴木十郎は小田原市長になり講演を聞きましたが、牧野信一と

  は全然性質(たち)が違い、私には二人が親友だったのが不思議でした。

    (途中略)

    (以下小見出し)

   ・遺構「サクラの花びら」まで

   ・偽悪的・自虐的な側面

   ・牧野家のこと

   ・芸人好み

   ・マキノはアニメ的?


   
    第十一回  ペンで近代を開いた人
                北村透谷のこと


                                              第17号
   
  
    
透谷山脈へ


  ―十一回目の「小田原の文学発掘」は明治元年(一八六八)、小田原にうまれ

  た北村透谷です。

 
 今日はなんとも大きな山に向かって立ち向かうような気持ちです。透谷は

  小田原の生まれで、小田原にお墓があり、現在も毎年五月十六日に透谷忌

  が行われていますから、とり上げないわけにはいきません。


  ―透谷の名を知ったのはいつ頃でしょうか。


 岸 一番最初は中学の教科書に「萬物の声と詩人」の一節があったんです。

  難しくて何が書いてあるのかよく理解できませんでした。何が難しいというと、

  まず文章です。明治二十年代の発表当時から難しい、わからないと言われてい

  ました。また用字が難しい。透谷は特殊な字を使っていますからね。

   (途中略)

   (以下小見出し)

    ・透谷山脈へ

   ・二人の心酔者

   ・「蓬莱曲」

   ・少年時代の透谷

   ・透谷の衝撃

   ・「透谷の相対化」

   ・先覚者透谷



 
    第十二回   小田原の文学風土を語る
                 気候温暖なアジー


                                                第18号




    文学者の八類型


  ―『扣之帳』では、今までに十一回にわたって小田原に縁ある文学者について

  お話を伺ってきました



 岸 最初は岩越昌三でした。この企画には今まであまり知られなかった人を

  発掘するという意味がありましたので、岩越昌三をまず最初にやったのです。


  ―ええ、それが思いがけないことに、それが今連載中(今号は休止)の『菊花

  紋奇譚』の発見につながりました。十一人とタイトルはこういうものでした。

    岩越昌三(忘れられた作家)

    福田正夫(小田原から興った「民衆詩」運動)

    川崎長太郎(「抹香町」まで)

    長谷川如是閑(「小説家」長谷川如是閑)

    北原武夫(律儀なスタイリスト)

    武者小路実篤(理想主義文学の華)

    中河与一(山を見た人)

    薮田義雄(望郷の詩人)

    牧野信一(玩具函の住人(カリスマ))

    北村透谷(ペンで近代を開いた人)

   これでもタイトルは、かなり工夫しました。


 岸 この十一人のうち、今の人が親しみを感じている作家は何人いるでしょう

  か。最近はケータイ小説やライト小説とかいうものが流行っているらしいのです

  が、それらはどうも我々の読書の領域には入らないようです。現在、そういうも

  のを若い人から漱石や鴎外に入って行けるでしょうか、わかりません。

  (途中略)

  (以下小見出し)

   
・「山七分、海三分」の地

   ・「気になる土地」小田原

   ・文学の〈聖地〉小田原
 


     
  
   第十三回  白秋―詩精神の底流
          対談・岸 達志/三津木國輝


                                               第19号



  ―前回はいわば(中締め)として「小田原の文学風土」を語っていただきました。

  今回は予告どおり北原白秋で、お二人の対談というかたちでお話をしていただ

  きたいと思います。
 
   三津木さんは小田原の「生き字引」のような方で、いろいろな場に招かれ、お

  忙しいと聞いております。


 三津木 私は小田原の歴史のほうが専門です。

  ―しかし、白秋については三津木さんならではの貴重な話を聞かせていただけ

  ると思います。


 岸 白秋は童謡で有名です。息子の隆太郎さんの奥さんの東代(はるよ)さん

  も、私が白秋というう名前を知ったのは学校で習った童謡がはじめでしたと言っ

  ています。

    (途中略)

    (以下小見出し)

    
白秋記念室の遺品

    ・白秋童謡の誕生

    ・終始、詩人だった

    ・「地鎮祭」事件の発端

    ・「地鎮祭」事件の真相

    ・白秋の周辺ばなし

    ・離婚後の俊子夫人

    ・中学生たちの訪問

    ・底流にある信仰心
  



    
    第十四回  山岳文学のさきがけ 
                辻村伊助のこと


                                            第20号


  ―今回は辻村伊助を選ばれましたが、どうして辻村伊助なのでしょうか。


 岸 今までは文学者を取り上げてきましたが、この人は文学者でなく植物学者と

  いうべきかもしれません。しかし、辻村伊助の文章は『現代紀行文学全集』

  (修道社)にも載っています。文学者の仲間に入れていいのではないでしょう

  か。

   もうひとつは、辻村さん一族を取り上げると、人脈からいろいろな人が出てく

  るので興味深いと思いましたのでね。

  ―辻村さんといえば、小田原市民には荻窪の辻村植物公園で知られています。

  わんぱくランドの手前にありますね。

 
 以前は辻村農園といってました。小田原城周辺の桜は有名ですが、お堀端

  から競輪場に続く桜並木は辻村伊助の兄の常助さんが寄贈したんですね。

  常助さんは戦後までご健在でした。


     
素封家の辻村


   辻村さんは小田原では有名な資産家で、かつて辻村は曽比屋(曽比甚)と

  いってました。辻村という性は開成町の吉田島に多い旧家です。 


   (後略)

   (以下小見出し)

   ・青年期の伊助

   ・雪崩に遭う

   ・加藤完治のこと

   ・辻村泰兄のこと

   ・青柳浩次郎・高野岩三郎

   ・『スウィス日記』

   ・辻村伊助の遺書



   
    第十五回  大衆文学の達人 
              吉川英治のこと


  
                                          
第21



   大衆文学の誕生


  ―『扣之帳』では今まで小田原の文学者を取り上げてきましたが、今回は吉川

  英治を取り上げたいと言われた時は驚きました。


 岸 吉川英治は小田原に縁が深い作家だからです。横浜生まれですが、お父

  さんは小田原の人です。吉川英治は国民作家といわれ、昔は大衆文学といわ

  れました。これに対するのが純文学で、この方が高尚のように思われてきまし

  た。

   ところが、吉川英治は大衆作家として初めて文化勲章をもらっております。昭

  和三十五年でした。大仏次郎も文化勲章をもらっていますが昭和三十九年でし

  た。大仏次郎は昭和の始めに「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」を書いていますが、

  この人は純文学の扱いを受けています。大仏や十一谷義三郎の「唐人お吉」

  も『現代日本文学全集』)(改造社・昭和二年)に収められています。大衆文学

  作家と見られる人たちは別扱いになっていました。

   ところが、昭和三十年代になると吉川英治が文化勲章をもらうようになった。

  だんだんと大衆文学と純文学の境がなくなってきたようです。


  ―どうして大衆文学と純文学に分かれるようになったんですか。


 岸 それは出発点が違うんですね。大衆文学は講談から始まっているんです。

  講談は江戸時代に流行りました。明治十七年に三遊亭円朝の「怪談牡丹燈

  籠」の速記が東京稗史出版社から出たのが始まりだといわれています。

    (後略)

    (以下小見出し)

     ・惨憺たる少年時代

    ・大衆文学の潮流

    ・「適応型」の人

    ・武蔵とムサシ

    ・異風の傑作『松のや露八』

    ・吉川英治と小田原

    ・さむらいの子

    ・正恩寺の吉川家墓地

    ・これからの『宮本武蔵』



作品リストへ戻る


トップページに戻る