第49号目次
TOP
 

梅干の種の中に入りたい
   
小峯慶三
 
   

うめぼしの歌

 あれね、うめぼしの歌。二月から八月までは昔の教科書に載っているんですよ。それで九月から正月までは、私が三十年くらい前に作ったオリジナルです。

 

 九月十月秋の日々

 山はもみじやかえでが色づいて

 里の庭で秋の声

 ふたたび仲間はおにぎりや

 シソに巻かれて旅に出る

 私はさびしく樽の中

 

 十一月十二月のこの月に

 山には雪がちらちらと

 里には木枯らし吹き荒れて

 庭でペッタン餅をつき

 樽の中ではブルブルと

 私はふるえて年を越し 

 

 正月元旦年明けて

 書き初め羽根つきコマまわし

 家で家族が笑顔で雑煮たべ

 梅の蕾がふくらんで

 花の香りを待ちながら

 私は樽の中よりおめでとう

 

 これを和歌山の方で使わせてくれといわれたことがあったけど、いや駄目だと断りましたよ。小田原で使ってもらう分には構わない、大いに小田原の梅干の宣伝になればうれしいことだと思ってます。

 

父は三代次、母はさと

 私は昭和九年(一九三四)生まれの、今年八十一歳です。父は三代次(みよじ)といって、伊豆から養子に来て、昭和五十年(一九七五)に亡くなりました。母の名前はさと(佐登)で、亡くなったのがその十年後でした。

 幕末から明治の人ですが、小峯門弥という人が「枕流亭(ちんりゅうてい)」という料亭をやったんです。門弥という人物は、小田原城の料理人として長く城の料理を造っていたそうです。そのお弟子の一人が箱根富士屋ホテルの初代の料理人として迎えられたといわれています。

 門弥は京都から小田原へ来た柴田徳次郎を養子に迎えたんです。今でも大徳寺の塔頭(黄梅院)に実家のお墓が残っているそうですよ。

 この柴田徳次郎が小峯徳次郎になって、欄干橋(十字町)に「ちんりう」という梅干・漬物の店をはじめた。徳次郎じいさんは、梅干をつくるだけでなく、満州まで行って軍の食糧を一手に引き受けるなど手広く仕事をしたそうです。たいへんハイカラな人だったときいてます。

 父の三代次の姓は波多野で、伊豆修善寺の橋本屋という旅館の倅です。五人兄弟の三番目で、徳次郎の三番目の娘のさとと一緒になった。さとの一番上の姉(おキクさん)は、「欄干橋(十字町)の伯母さん」と呼んで、この人には茶利から来た人が婿になっています。

 

じいさん満州、親父は生産

 徳次郎じいさんが軍の御用達商人みたいになって梅干をやったのが第一段階でね。そのとき徳次郎は梅干に紫蘇を巻いた。梅を紫蘇で包む(「くるむ」「つつむ」)んですよ。巻くというのはそこからできた。将棋の駒を巻くみたいに、徳次郎は紫蘇で梅を五角に巻いたんです。機械では五角に巻くのはできないですね。

 なんで梅干を紫蘇で巻いて軍に送ったのかというと、汚れないからですよ。満州に持って行って落っことしても紫蘇をとれば食える、というのが一番先の理由だったらしいですよ。

 大正九年(一九二〇)に熱海線の小田原駅ができた。そこは辻村さんの土地で、はじめは慶応大学を招致する予定だったけれども、駅ができることになったそうですよ。

 小田原駅ができるときに、駅前の(今の)ベルジュのところに、うちの徳次郎じいさんが店を出した。塔があったから「塔の店」と呼ばれていたそうです。それが建てて次の年(大正十二年)に大震災で潰れてしまったわけだ。それから現在の地所(緑四ー五五ー七)に移ったってことです。

 小田原の駅前では、「美の政」さんは大雄山に参拝に来る方が食べたり休んだりするところで、広い食堂だった。「塔の店」があったところは「花菱」とか「ツバメヤ」さんになったんだね。

 丹那トンネルが開通して熱海線が東海道線となったのは昭和九年(一九三四)で、そのころ徳次郎は満州へ行っていて、梅干の生産のほうは親父の三代次がやっていました。

 徳次郎の倅には長男に弥太郎、次男に松次郎という人がいて、この人たちも満州へ行ったんです。松次郎は奉天あたりでマツキヤとかいうデパートをやっていたが、終戦のときに引き揚げのときに上海で亡くなった。それも船が沖に出たら地雷にぶつかって沈みそうだというとき、松次郎など五人くらいが助けを求めるために泳いで死んだという話ですよ。鮫に喰われたのかもしれないね。

 さとの一番下の妹の亭主が満州から薪を貨物列車に三十四両載せてきたけれども小田原駅で没収されてしまったという話もききました。

 曽我ではまだ木に登って梅をもいでいるけれど、親父は紀州へ行って、木を揺する機械バブルを使って大きなビーチパラソルに梅を落とすようにするといいと言って歩いて廻った。そうすれば熟した梅を傷付けずに収穫できるからね。いま向こうでは、樹を横に這わせてネットを敷くのが当たり前になっている。

 「上(緑町の店「ちん里う」)」がビルになったのは今から三十七年くらい前で、山橋さんが市長の時代です。親父は三百坪の土地にお城を建てよう、小田原にそのくらいのものを造りたいと考えていたんですよ。しかしその計画をとりやめて、小田原市に百坪くらい寄付することにした。

 私が駅前の地下街のこの店(「福梅」)を始めたのは八年前ですよ。四十になったとき自分の仕事をしたいんだと言ったけれども、親父がウンと言わなくてね。

 

親父の一言

 子供の頃から仕事場が遊び場だった。戦争中は小学生で、上の姉二人と伊豆の親父の実家に疎開していました。地元のいじめっ子がいてねえ。そこには、やはり疎開で、東京から小学生が大勢来ていた。

 戦争が終わる年に小田原に戻って、戦争中は城内国民学校へゲートル巻いて通ったね。小麦粉でアンパンつくってもらったこともあった。うちの倉庫には砂糖があって、子供たちはそれを舐めにくるんだよ。梅のラベルがたくさんあったから、それをメンコにしていたら、学校で取り上げられたこともあったね。駅前の八百屋の杉本に行ってワルサしたこともありましたよ。

 中学は小田原一中(今の城山中学)で、新制に切り替わったときだった。卒業のとき校長の杉本先生たちが家にきて小田原高校を勧めたけども、親父が「うちは何の商売をしているか分かりますか。商人の子ですよ」という一言で、私は城東高校の商業科へ行ったんです。

 城東ではタバコはおおっぴらで、小田高みたいに隠れて吸うなんてことはしなかった。うちから学校まで歩けば三十分の往復で、途中に新開地なんかあったころだったね。

 当時は箱根の芦之湯にスケート場があってね、バス停が酒匂行きと箱根行きが同じ場所にあって、箱根行きに乗るの。すると先生が見つけて「お前、どっち乗るんだ」ってね。修学旅行は、「お前は自宅待機だ」と断られた。だから修学旅行は一度も行ったことないんだよ。

 高校のときは、仕事場の七十キロの四斗樽を持ち上げて運びましたよ。それを二段に積む。しかし、その上がいて、三段に積む人がいたね。

 私が小学校の低学年のとき、徳次郎は忙しい人だったね。東華軒の飯沼さんと鉄道弘済会であらそったり、国鉄の総裁の十河さんの別荘をつくれといわれて断ったりね。小田原ガスが東京ガスに吸収されようとしたとき、徳次郎が「東京ガスに売るな」と頑張ったんだね。

 親父はいろんな役をしていて、面倒見が良かった。印刷局にアメリカ軍の輸送部隊が駐留していたとき、どういう事情か知れないけれども、うちにはドラム缶がいくつもありましたよ。中に赤っぽい油が入っていた。ガソリンが赤い色だなんて、驚いたね。あれはどうなったのか。
(以下略)