C 第38号目次へ
B 第37号目次へ
 @A 第34号目次へ




新刊紹介

B
高野 肇 著

『貸本屋、古本屋、高野書店』



 
     C
茂木光春 著
『わが愛する明恵上人』
2012年11月15日発行
 
   

  「(略)この度、考えてもいなかった私のことを、東京神田の論創社という出版社がインタビュー形式による『貸本屋、古本屋、高野書店』を出版して下さいました。聞き手は書籍業界に詳しい小田光雄氏で、著書には『古本屋サバイバル』『書店の近代』『出版状況クロニクルT、U、V』他多数あります。

 いま私の関心事は江戸から昭和戦後までの貸本営業者の動向ですが、相変わらず本書も昭和戦後の神奈川のことを中心に話しています。この貸本屋、述べ800店以上を数えていて、その内貸本組合に在籍したのは2割ほど。小田原地方貸本屋は私の店以外は貸本組合未加入店でした(一部の方は早い時期に退会したらしい)。

 貸本業界の斜陽化により横浜の同業者の多くが転廃業していくなか、川崎、横須賀、小田原は反対に少数とはいえ店舗数が増加したこと。その根源は横浜から平塚に移転してきた貸本屋の行動がアウトサイダーである西湘地域貸本屋に影響を与えたことが要因であったこと。この間小田原は貸本市場を立ち上げたものの、設立の中心人物は私の父と同様に横浜の貸本組合に在籍中だったため二人は問題視されてしまいます。中心であったご子息は私の指摘で初めて知った次第でしたが、戦後の貸本業界を振り返るとき、小田原貸本市場の動向について横浜貸本業界や西湘地域営業者の多くが亡くなられている現状から、いま活字に残しておかなければ永遠に歴史の中に埋没してしまう危険性を看過できないと考え、ご子息の了解のもとに、この流れの一端を本書に話しましたが、近い将来『昭和30年代の地方貸本業界』の中でこの動向を詳細に報告したく思っております。

 これとは別に貸本文化史研究に少しでもお役に立てばとの思いから、本書巻末に小田原貸本屋の旧蔵書目録を掲載させていただきました。この貸本屋さん、貸本1450冊の出現で初めて名前を知りました。このように本書は小さな貸本屋の話に終始しています。お暇なときにでもご笑覧くだされば幸いで御座います。(略)」

(2012年7月の「ご挨拶」から引用)

     
 

 明恵上人は生涯少年であった。十歳の時も三十歳のときも五十歳の時もそして最期六十歳の時も少年であった。少年の心をもって生涯を駆け抜けた人である。私はそう確信する。幼心の人、童心の人、無心の人とも言えようが、私はやはり上人は少年の人、その少年の面差しを持ち、少年の心をもって、ひたすら、まっすぐに、自らの信じた道を駆け抜けた人だと思う。幼児の時に両親を失って、心に深い傷、深い空洞を負いながら、であれば、たえずその傷、心の空洞を癒すべく、魂の血の糸を自ら繰り出しては、それを縫い合わそうとした少年だったと思う。
 明恵上人は、一言をもって評すれば、奈良、興福寺の阿修羅像であった。日本人の夜明けを思わせるごとき少年の顔、凛々しく、初々しく、ひたすらに、真っ直ぐに、一点の曇りなく、目の前を見詰め尽くそうとする、明眸そのものの少年の顔、日本人の「直(なお)き明(あか)き心」の始まりを告げるがごとき、玲瓏たる阿修羅像を思わせる人であった。
 しかも、老年になっても、やはり、どこか孤独、どこか滑稽で、ひたぶるにいとおしく、いとけなく、一人たえず魂に汗を滲ませて興奮しているがごとき少年でもあった。
 高山寺の日常、庵の前に一本の竹を植えて、竹は印度も中国も日本も同じだとすれば、釈迦の説法した迦蘭陀寺(からんだじ)の竹林園の竹の御形見であるとして、その竹を竹林と名付け、次のごとき歌まで詠んだと言う。 

  竹林園の竹の林のこひしさに               竹林竹と名づけてぞ見る

  竹林竹を声に出して詠めば、そこに少年の心が丸出しになった、ひたすらで大真面目な滑稽振りというものが窺えるような気がする。 世阿弥は「初心忘るべからず」と言いさらには、花という言葉を使って、「時分の花」と言い、「老い木に花」とも言った。その花とは初心であり、少年の心であるとしたのである。人生の門出に当たって、学に志し、能に志し、稽古に志し、初々しく、ひたすらに、明眸をもって、前途を見詰める少年の心を花としたのである。しかも世阿弥にとっては、少年の時の少年の心、青年の時の青年の心は、たしかに花そのものであるが、「時分の花」であると、一時の仮の花であるとした上で、老年になり、晩年になり、つまりは、老い木になっても、まだ花を咲かせる。その花こそ真の花であるとした。晩年になっても初心を失わない、少年の心を失わない、老い木に花の残りたるを能の究極としたのである。それはすべての人にとってもまた人生の究極であろうかと思う。 明恵上人は生涯その花を生きた、少年の時も壮年の時も老年の時も初心をもって少年の心をもって生きた。老い木に花の残りたる一生であった。三春の滝桜のごとく、根尾谷の淡墨桜のごとく、五百年を経ても、千年を経ても、枯れ朽ちた幹から、初々しく、凛々しく、そしてまた、どこか、天然の含羞(がんしゅう)を伴いつつ、なおも花を咲かせる、そんな桜の初心を生きたのである。

  茂木光春さんの「始まりの人」は『扣之帳』第二十七号から現在も連載中です。そのなかの「わが愛する明恵上人」(第三十三号から第三十五号)が加筆修正されて、文芸社から新しく立ち上げられた文庫に収録され、十一月に発行になりました。 右の一文はその「あとがき」の抄録です。「明恵上人さま」と語りかける茂木さんの想いは熱く、茂木さんこそ少年の心をもつ人のように思われます。 文庫には、序に岸達志(東泉院住職)、跋に木村破山(書家)の両氏の一文が添えられ、最終頁に著者のプロフィールが掲載されています。  (青木) 

 
             
@

田名網泰禅著

『本来の面目に生きる』
 
    A 

平賀康雄著
『西相模の碑文を探る


小田原、足柄、秦野周辺を歩いて

 2011年11月1日
        発行
 

 
   


 田名網泰禅老師は、自ら「私は半世紀以上、伊豆の山寺の和尚をやってきたのであって、世事に通じているわけではありません。一般の人に説法したり、人生相談にのったりするには向いていませんし、そういう柄でもありません」と申される方なので、寺門の内外を問わず田名網老師の真骨頂を知る人はごく少ないと思われる。
 実父が女性関係や金銭に乱脈で、地獄のような家から一刻も早く逃げ出したいと、十代の頃、貧困を覚悟で母と共に家を出た。やがてそうした悩みの原因が家庭環境でなく、「自己本来の大疑」というべきもので、それが家庭の不和という形で現われたにすぎなかったように思ったが、その大疑がわからず、自分の境遇を恨み呪い続けていたという。「いま思えば終戦を迎えた時、自分の内側で突然何かが炸裂したのです。その時私は仏門に入ることを決めていたように思います」。昭和二十二年出家得度。年歯二十歳。
 澤木興道老師の大喝や、永平寺で橋本恵光老師の叱咤を受け、以来「私は出家者として、生涯独身を貫ぬき、修行を続けてきました」。昭和二十六年静岡県下田の名刹曹洞院に晋住し今日に至っておられる。
 釈大眉老師に参禅、初関「本来の面目」を通るのに十年間、駄目だと言われ続けたとし、その間、「私は一度も大眉老師を疑ったことはありません」とある。参禅は大眉老師遷化迄続けられ、田名網老師は洞済両門に通じている、現代まれな僧宝である。
 黙照と看話の両宗をみると、ともに疎遠の嫌いあるを遺憾とする。さらに本書には、第三章以降、「坐禅のこころ」「一挙手一投足これ修行」等、懇切な記述があり、前半で老師の生涯の足跡を知ると共に、後半はよい禅入門の書となっている。
 道元禅を要約すれば、只管打坐、不離叢林、持戒精進の三つであろう。されば著者田名網老師はまさにその三つを兼ね備えた現代希有の禅師と申すべきである。老師が伊豆の山中に独坐されていること自体が偉大な説法であり、光明だと確信するものである。
 「徳孤ならず必ず隣あり」という古言がある。本書が一人でも多く心ある人の目にふれて、混濁の世の清風清流ならんことを希望し期待したいと思う。
 この本を出されたMOKU出版株式会社が著者を発掘され、その現代まれなる聖僧の生涯を世に公にされたことは、美挙というべきである。                (岸 達志)

(発行所)MOKU出版株式会社 

 東京都文京区本郷三の四十二 本郷ビル

 п@03(5840)7366 
       



松田町寄在住の平賀康雄さんが、本誌に「足柄周辺の碑文を探る」と題して九回に亘って連載されたものに手を入れて、この度一冊にまとめて刊行された。その動機は次のような関心からといわれる。

 「振り返ってみるに、本書のような内容のものをまとめるに至ったのは、どうしても筆者が禅寺の徒弟として生まれ育ち、拙寺境内や地元村内にある種々の石碑類に刻まれた文字や古文書類を折々目にするにつけ、何か親しく訴えかけるものを感じ、関心、疑問を抱かざるをえなかったことに発する。」

 この本が丹念な調査によって成り立ったものであることは勿論であるが、「碑文の読み解き」の一面もある。例えば、矢作の春光院の禁牌石調査の折り、裏面の「建久九年戊午年春五月十五日」に疑問を持ったという。禁牌石は江戸中期頃からのものが多く、これは破格に古いことになる。『相模国風土記稿』に「(春光院は)建久九年鎮西聖光上人の起立なり」とあっても、合点がいかない。そこで、「思案に暮れて思い切って春光院様に(急にぶしつけな事であるが)電話にてお尋ねをした」そうだ。(―この「読み解き」は、本書十二頁以下をご覧になって下さい)

 また、面白い指摘もある。例えば、徳本上人と称するのに、唯念行者は唯念上人とは呼ばない。その理由を、「それは本山他近隣の諸寺院ともほとんど関係を持たず、あくまで民間信仰的な念仏講中の活動に終始した事による」とされ、それで「おや、こんな所にまで」と思うほど、街道脇や山の入口等に唯念名号碑があるのだという。

 石碑の多くは人々の信仰心の現われである。江戸期の人々と同じような信仰心はないけれども、私たちにはその心を理解しようとする思いはある。本書はその思いを持つ一書である。    (青木良一)