TOP
わが愛する明恵上人(下)へ
わが愛する明恵上人(中)へ
第33号目次へ
   

わが愛する明恵上人(上



茂木 光春
 
 
  
    明恵上人様




 あなたは、いついかなる時もまたいずこにあっても、人に、物に、呼び掛けて止まない人でした。何ものに対しても、そこに一切の自他の区別もなく、一切の違和もなく、自分を忘れて呼び掛ける人でした。あなたにとって、森羅万象は、現在ただ今、膨大な輪廻転生のただ中にあって、一時、男となり女となり、犬となり馬となり、鳥となり花となり、島となり海となり、日となり月となり、夜空の星々となりつつも、あくまでそれは仮の姿に過ぎず、元は、同じ一つの同胞(はらから)であると、同じ一つの生命であると、神秘の直感に促されて、相対し、相感じて、同じ一つの大きな魂の流れに溶け合って、全身これ親愛、全身これ無垢の心をもって呼び掛ける人でした。
 たとえば、あなたは月の歌を数限りもなく作りましたが、その多くが月に向かって呼び掛ける歌だったような気がしてなりません。それはある意味で不思議なことではないでしょうか。月の美しさを愛でてそれを詠むというのでもなく、月を点景としてこちらの心を詠むというのでもなく、月に向かってじかに呼び掛け話し掛けるのですから。呼び掛けるには相手とある一定の時間一緒にいなければならないような気がします。あるいはいつも一緒にいなければならないような気さえします。たとえば、あなたはこんな歌を作っています。

 雲を出でて我にともなふ冬の月 
 風や身にしむ
雪やつめたき
 

 山のはにわれも入りなむ月も入れ 
 よなよなご
とにまた友とせむ 

 これらの歌を読めば、月というものがいつもあなたと共にいたということが分かります。もしかしたらあなたにとって一番親しい存在、お弟子さんたちのだれかれよりもはるかに親しい身内の存在だったのではないかという気さえします。しかしながら月と共にいるということは、言うは易く行いがたきものではないでしょうか。月と共にいるということは、夜の間、外にいるということですから。たしかに、今引いた二首の歌には次のような前書きが添えられてありましたね。 

  同元仁元年十二月十二日の夜、天曇り月暗きに、

 花宮殿に入りて坐禅す。やうやく中夜に至りて出

 観の後、峯の房を出でて下房へ帰る時、月、雲間

 より出でて光、雪にかヽやく。狼の谷にほゆるも、

 月を友としていとおそろしからず。下房に入りて

 後又立ち出たれば、月又曇りにけり。かくしつヽ

 後夜の鐘の音聞ゆれば、また峯の房へ登るに、月

 も又雲より出でて道を送る。峯に至りて禅堂に入

 らむとする時、月また雲を追ひ来て向の峯に隠れ

 なむとするよそほい、人知れず月の我にともなふ

 かと見ゆれば、二首。

  あなたは、洛北栂尾の高山寺に居て、終夜、花宮殿と言う峯の禅堂で坐禅をし、しばし、下房に下って休み、しばらくして、ふたたび峯を登り、花宮殿にて坐禅を組むという不眠の夜を過ごしていたのですね。そしてその間、峯の上り下りの往き還りにあなたと共に常に居たのが月だったのですね。暗い細い山道を、木の根に躓き、笹の葉に顔を打ち、近くに狼の声がする中を、見上げれば、常に月が居て、足下を照らし、顔を照らし、あなたの友のごとく、あなたの話し相手のごとく、雲を追い、あなたを追うごとく、かくれんぼをするごとく、あなたに付き添い、あなたに戯れかかり、同行二人となって、なくてはならぬ道連れだったのですね。
 であればこそ、月に向かって、風は身に沁みないか、雪は冷たくないかと、呼び掛けたのであり、われは今山の中に身を隠すから、月よ、お前も山の端に隠れよ、そうして二人でこれからかくれんぼをしようぞと呼び掛けたのでしたね。
 月は単に遠い天体の存在ではなくして、一番身近な、変な言い方ですが、自分よりもっと身近な存在、共に今を分かち、永遠を分かち、一連なりの命を分かち合う、はらからの、分身の存在だったのですね。見上げれば月があり、目を閉じても月はあり、まるで胎児が母の胎内にあるごとく、刻一刻、月の光に照らされ、月の光に包まれ、月の光の胎内にあって、歩き、登り、息を吐き、息を吸い、生きているということだったのですね。
 だからこそ次のごとき絶唱が生まれたのだと思います。 

 あかあかやあかあかあかやあかあかや あかあか

 あかやあかあかや月

  これこそは、もはや歌を超えた歌、歌を突き抜けた歌、月に呼び掛けて、呼び掛けた自分もなく、呼び掛けられた月もなく、光が音を発して夜空に突き抜けて行くばかり、光の音月の音が突き抜けて行くばかり。月の胎内にあってあなたが声を発したとしてもよく、あなたの言葉を奪って月がおのがじし声を発したとしてもよく、呼び掛けの究極、こちらもなく、向こうもなく、月も消え、己も消え、光だけが音を発し声を発し、光の声だけが、あかあかと、辺り一面、隈なく、どこまでも、貫き渡り、照り渡り、響き渡るばかり。
 月が声を発したのですね。月が己を語り出したのですね。
 人間がこれほどまでに月に近く、人間がこれほどまでに月そのものに成り切った例は古今東西いまだかつてなかったのではないでしょうか。人間の言葉が月の言葉に、月の光の言葉に成った例は古今東西いまだかつてなかったのではないでしょうか。
 あかあかやあかあかあかやあかあかやの夜の大気の中をつきいいいいいいいいいいいいという光の声が、千条万条、鋭く、どこまでも、どこまでも、貫き渡り、響き渡り、照り渡っているばかりです。
 月が声を発してあなたに成っています。あなたが声を発して月に成っています。
 呼び掛けの究極、呼び掛けのいや果ては、自他混融なのでしょうか。自他消滅なのでしょうか。歴々として明白でありながら神秘です。玲瓏たる神秘です。混沌たる輝かしさです。漆黒の輝かしさです。
 月はあなたにとって母であり釈迦であり弥陀であった。
 しかしそう言っては月の玲瓏を汚しあなたの玲瓏を汚すことになるのでしょうね。
 ただもう一度繰り返すばかりです。



 あかあかやあかあかあかやあかあかや あかあか

 あかやあかあかやつきいいいいいいい

 

 栂尾の高山寺においての長い数十年に亘る年月、特に、晩年のあなたにとって、弟子たちと共に居たというよりはむしろ、より真実には、月と共に居たのだと、これほど遠い存在でありながらこれほど近しい存在たる月と共に居たのだと言っても過言ではなかったのでしょうね。

     二

  明恵上人さま

 あなたには、あなたのお弟子さんのどなたかが描いたとされる「樹上坐禅図」というものが残されていましたですね。樹上と言えば、部屋の外の山のどこかにあるものであり、下の住房と峯の上の花宮殿と呼ばれる禅堂の間にあるものか、あるいは、さらにその上にある樹木のことを差したものであるに違いなく、その樹上にあって、夜ごと坐禅を組んだということがあったことを証しておりますね。やはり外です。やはり夜です。昼間の明るさではなく、やはり夜の月の光に照らされた明るさの中で、あなたは松の木の股になったところに坐り、坐禅を組んでおります。様々な樹木に囲まれて鬱蒼たる山の中にあることが分かります。木の下に履き物が揃えて置かれ、不思議なことに、木々の間に小鳥が集まり、木々の下には小さな動物が這っている姿までが描かれております。
 人の言い伝えでは、初めは禅堂近くの樹木を選んだのですが、人に知られるのを嫌って、さらに奧の樹木を選んで、樹上坐禅の場としたと言われておりますが、そこへは、まるであなたを慕ったかのように、いろいろな小鳥たち、いろいろな小動物たちが、あるいは木々や霧や雲や月までが、あなたに近寄り、慕い寄り、集い合ったごとくに見えます。それはあなたのところに近づいてなんら危害を加えないどころか、逆に、それに向かって呼び掛け、話し掛け、自分たちが近寄るのを喜び迎えてくれていると感じて、いつの間にか、共に過ごし、共に坐禅をするがごとき間柄に成ったとさえ考えられるような気がします。あなたは月と共に、木々と共に、雲や霧と共に、キツツキやフクロウやブッポウソウと共に、リスやタヌキやモモンガアやシカやヘビやトカゲやオオカミたちと共に、そしてそれら一切を含めて、山と共に、天地と共に、坐禅をしたと言うことができるような気がします。それほど、「樹上坐禅図」には絶対の静謐、絶対の寂静が満ちているからです。  
 あなたは呼び掛ける人でした。であればこそ、いつの間にか、呼び掛けられる人でした。
 あなたの中に万物が住んでいました。万物の中にあなたが住んでいました。
 このように述べて来ますと、あなたは、艶に優しい、人に和し、物に和し、平安の御代の上臈の方々の、雅な、嫋々たる風情、嫋々たる心根を持った、むしろ女性的な顔を想像させるのですが、この「樹上坐禅図」に描かれたあなたの顔はさにあらず、男性的な、むしろ武士的なとさえ言える、強い、いかつい、髭跡も濃い、骨張った、意志の人を思わせる顔であり、月の光をも断ち切るがごとき、鋭い輪郭に研ぎ澄まされた顔でありました。平安の御代の、白い、お化粧した、事あるたびに涙にかき暮れる、公達(きんだち)の、目細く、下ぶくれた顔ではなくして、すでに鎌倉の御代の、独り立って、決然、まなじりを決せんとする、裂帛(れっぱく)の武士の顔を思わせるものでした。それは頭を丸め、目を閉じ、僧衣に身を包んでいたとしても、その顔には隠しようもなく歴然と現れておりました。
 そうです、あなたは武士の子でした。武家の棟梁に成るはずの御子でした。紀州和歌山、湯浅の荘の、まさにその湯浅の名を名乗る豪族の御曹司でした。後の湯浅の地名はあなたのお家の名から生まれたのですね。父は平家の出、平重国と名乗る、高倉院の武者所に仕えていた武士であり、母は、紀州にあって湯浅宗重を名乗る豪族の娘でした。そしてあなたがいまだ八歳になるかならない幼年のころ、母は病にて死亡、父は平家の武士として関東に出陣、源氏との一戦の中に戦死したのでしたね。あなたを初めお家の方々は途方に暮れ、明日をも知れぬ境涯に落とされる中、あなたは母方の伯母の家に引き取られたのですが、一挙に父母なき孤児となってしまわれました。秘かに一族の方々、親族の方々はあなたを目して、湯浅の家を再興する次の棟梁と見なして、期するところがありましたが、幼心に父母の死はあまりにも深い傷痕を残し、その悲嘆の深さは人の揣摩憶測を超えたところがありました。あなたの父、あなたの母は、女子をもうけつつも、秘かに男子を願い、願っては祈り、祈っては願いつつ、ついに、男子たるあなたの誕生を目の当たりにしたのですから、その喜び、その歓喜はいかばかりだったことでしょう。であればこそ、あなたを慈しむ、その情愛の深さ、その耽溺の深さはどれほどのものか測り知れないものがあったにちがいありません。
 それが、その深い大きな情愛の襁褓(むつき)、その広い果てもない情愛の繭が、ふいに取り払われ、一挙に奪われてしまったのです。それは、あなたにとって、信じがたい、青天の霹靂のごとき出来事だったにちがいありません。その青天の霹靂、その父母の死、その情愛断絶の日から、その悲嘆のどん底から、あなたは呼び掛ける人になったと考えられます。私はそう信じて疑いません。父に呼び掛け、母に呼び掛ける日々が始まったのだと言うことができましょう。そしてどこにもその在りし日の父や母の御姿を目の当たりにすることができないのですから、至るところに、目にするすべてのものに、父や母の御姿、父や母の気配を感じ取り、見抜き、嗅ぎ出し、父に向かうがごとく、母に向かうがごとく、呼び掛け、話し掛けることが始まったのではないでしょうか。私はそうにらんでおります。
 周囲の一族再興の秘かな願いを打ち消すようにして、あなたはいまだ頑是ない九歳の時に、断固として、言わば、未来の運命を予知するがごとき決断をもって、出家の道を選んだのですね。単に父母の菩提を弔うための出家でもなく、あるいは無常迅速の世間をはかなんでの厭世の出家でもなく、一身を襲った不意の悲劇の衝撃をいまだ幼き顔に一個の消しがたい蒼痕のごとく滲ませながら、何故、何故と、問いは言葉となり、言葉は問いとなって、父母の居ない邸の廊下に佇み、夜空を見上げては、満天の星々に問い、涙を打ち払い、涙を振り捨て、奈良の興福寺のあの阿修羅天像のごとき明眸をさらに澄み渡らせつつ、ひたすらな問いの人、一途な一大疑団の人となって、夜の庭に飛び出したに違いありません。
 それがまっすぐ高雄の神護寺にあなたを向かわせたのだと思えてなりません。それはあなたがまだ九歳の時でした。たとえそれが神護寺に居ます母方の叔父上覚房行慈の薦めであったとしても、そのことは変わりはないと思われます。
 死があなたを打ち据えたのです。悲劇感があなたを射抜いたのです。
 神護寺は弘法大師ゆかりの寺でした。そしてまた奈良東大寺とも繋がりのある密教と華厳の結縁あらたかな寺でした。叔父の上覚房の下で、あなたは弘法大師空海の密教と東大寺の華厳の世界を学ばれました。比叡山延暦寺の天台の法華でもなく、さらには、奈良の興福寺や法隆寺の唯識法相でもなく、神護寺に向かったことは不思議な因縁を覚えます。神護寺はまず華厳です。まさに華厳経の世界です。あなたの天性の玲瓏が華厳の果てなき玲瓏を、すでに、言わば、先天的に選んでいたのだとさえ言えるような気がします。
 華厳は法界縁起です。すべてが光の世界です。すべてが光の千変万化の変容の世界です。闇も不幸も悲劇も生老病死もすべて光の変容です。光へと至る尊い兆しです。世界は、宇宙は、そのすべて、その森羅万象は、言わば、光から光への壮大な輪廻転生、仏から仏への途方もない輪廻転生に他ならない、後世の言葉で申すならば、宇宙生命から宇宙生命への絶えざる輪廻転生に他ならないと考えられます。それこそが法界縁起というものでしたね。
 そのことをあなたは神護寺にあって、極まり極まった華厳の教えとして学んだはずです。
 そしてそれはあなた独自の悲劇感からすれば、森羅万象はすべて例外なくあなたの父母の生まれ変わりであり、あなたの父母の百面相千面相として浮かび立ち微笑み掛けて来るものと感じられたはずですね。そうであればなおのこと、釈迦の像、釈迦の絵図、釈迦の言葉のすべては遠い異国の神のごときものではなくて、まさに瞼の父母の顔であり父母の言葉に他ならなかったのでしたね。
 そしてついに学成って神護寺を去り、故郷の湯浅に帰る日が来た時に、一族に温かく迎えられたとしても、一族に向かうことなく、ましてや、名だたる古寺、大寺へと赴くこともなく、ひたすらな阿修羅天の明眸をもって、釈迦を父母と見、父母を釈迦と見つつ、仏母像を傍らに置きつつ、湯浅の荘の北西に位する白上の峯の頂きに庵を結んだのでしたね。あなたは決然意志の人でした。神護寺の先輩同輩の僧侶たちの懈怠の生活を目の当たりにして、神護寺を飛び出し、われ独り道を究めんと、父母に見えんとするごとく仏母を拝し仏母に額ずくひたすらな少年修行僧でした。
 先年私はあなたの足跡を求めて、その白上の峯の地を訪れたことがあります。急な、あるとも知れない山道を木の枝に掴まり、篠の葉に掴まりつつ、辿って行くと、不意に、山の頂に出、そこにわずかな空き地のごときものが見え、あなたの若き日の修行地であることを示す卒塔婆が傍らに立っておりました。しかし私が驚いたのは、その左脇に、突如として海が見えたことでした。ほんの数メーター行ったところ、切り立つ断崖になっていて、遥かその真下に、果てもない大海が白い陽光の中霞むばかりに広がっていたことでした。白上湾という海でしたでしょうか。そこにいくつか浮かぶように漂うように小さな島が見えておりました。手前が苅磨島(かるまじま)でありその向こうに見えるのが鷹島であることは後で知りました。太陽と空と海と島々と、そのただ中で、あなたは、その島々と海と空と太陽と共に呼吸をし、坐禅を組んでいたのですね。一間四方もない小さな庵の中に、「仏眼仏母尊」と呼ばれる掛軸を掛け、その前で、ひたすら坐禅をし、ひたすら華厳を思い、ひたすら釈迦の現前を願う修行をしていたのですね。
 なお、その「仏眼仏母尊」の一隅に、あなたは次のような書き入れをしたそうですね。

 

  モロトモニアハレトヲホセ(あはれとおぼせ)

 ワ(ガ)仏ヨ キミヨリホカニシル人モナシ 無

 耳法師之母御前(ははごぜ)也、南無仏母 哀愍我

 生々世々不暫離(暫くも離れず)南無母御前母御

 前 南無母御前南無母御前 釈迦如来滅後遺法御

 愛子成弁(明恵のこと)紀州山中乞者敬白 

 

 母を思うこのひたすらさは只者ではありませんね。

 

 しかもあなたは性急でした。自らがどう坐りどう修行しても釈迦そのものではないばかりか、釈迦そのものにほんのすこしでも近づくことができず、煩悩分別の凡夫の己でしかないことに苛立ち、歯ぎしりし、口惜しく思い、形を窶(やつ)して、人間(人間世界)を辞し、志を堅くして如来の後を踏まんと思う。しかるに、眼をえぐれば、経典を見ざる歎きあり、鼻を切らば鼻汁垂れて経典を汚さん、耳ならば、良しと、思い極まって、深更、ロウソクの火を頼りに、仏眼仏母の尊像と対座しつつ、刀を片手に、紐を取り出し、一方の先端を右耳に結びつけ、一方の先端を仏壇の端に結びつけ、ぴんと紐を張った上、気魄の玲瓏、光を発するばかり、自らを追いつめてはさらに追いつめ、仏眼仏母の面前、この耳を断ち切ってあなたに捧げんと、右耳に当てた刀をずぶりと下へ切って落としたのでした。あなたの体の中には公家の血でもなく農民の血でもなくまさに武人の血が熱くたぎっていたのですね。決然、死地に赴くことを絶えざる覚悟とする武人の血があなたの右耳を切らせたのだと思います。あなたの血は尊像に飛び散り、仏具にかかり、そこを赤く染めて、その血の跡はいまだ失せずと伝えられています。
 その時、あなたの右耳が部屋の中空を一瞬赤く月の欠けらのごとく飛んだのを、開け放った窓から、三日月の光はしっかりと見届け、夜空の星々も過たず見届けたと想像します。
 月が血を流したのです。月の光が赤く染まったのです。玲瓏の魂が血を放ったのです。
 夜空はそれを黙って見守り、潮騒はそれを黙って聞いていたに違いありません。
 私は長い回り道をしたような気がします。そうです。私は栂尾の高山寺でのあなたの「樹上坐禅図」のことを語っておりました。そしてそこからふと横へとそれて行ってしまいました。しかしそれには訳があったのです。その図像の中であなたはやや顔を斜めに傾け、こちらから見て、左向きに横顔を見せておりました。つまりは、あなたは無い耳の方を隠して、図を描かせたということでした。その横向きの顔には、そんな若き日のみずから選んだ悲劇の一齣を隠しつつ覗かせていたという訳ですね。

  

    三 

 明恵上人さま

 もう一度あなたの修行された白上の峯の頂きにもどりましょうか。真下から前方遥か彼方まで広々と果てもない海が広がっています。これほど清浄極まりない風景はまたとありません。澄み渡る華厳の海です。まさに法界の海、法界縁起の海ですね。まさに海と空が久遠の昔から永遠の彼方まで一滴も変わらず同じ海と空へと輪廻転生を繰り返す光景を目の当たりにしているのです。
 しかもあなたはその海を釈迦が生まれ育ち歩いた天竺印度の地に一連なりに続いていると考えて、それを慕い、それを羨んだのですね。さらにはその海に浮かぶ島でさえ、海に浮かんで、自分よりも釈迦の居ます印度により近くに位置することを羨んだということでしたね。
 そしてあなたは目の前に浮かぶ島の一つ、この白上の峯に居て日頃見慣れた苅磨島と呼ばれた島、幼年の日に舟を浮かべて遊んだ島のことを、後年、高山寺にあって、ふと思い出して、身も蓋もなく、「嶋殿」と書き出し、「今あなたはどのように過ごしておりますか。その後すっかりご無沙汰してしまいました」と、縷々自らの懐かしさの思いを書面に認め、最後に「またいずれ御手紙を書きます」と書いて、侍者に頼んで、その島へ送るようにと言付けたというのでしたね。しかも侍者が「この御文は誰に差し出したらいいでしょうか」と尋ねた時に、「ただその苅磨の嶋の中にて、『栂の尾の明恵房の許よりの文にて候』と高らかに喚はりて、打ち捨てて帰り給へ」と答えたということでしたね。何という天真爛漫、何という大真面目、何というひたすらな滑稽振りだったことでしょうか。島に向かって「嶋殿」と呼び掛け、その嶋に向かって手紙を書いた人など、人類の歴史の中であなたが最初にして最後の人だったことでしょう。
 しかもその島に向って華厳の教えを援用した大文章を書いたのです。学問の浅い後世の私たちには理解しがたい幽邃のご文章でした。その一部始終を、要を取って言えば、「そもそも島の自躰を思えば、たとえ非情なりとて(われらが)衆生に隔てて思うべきにあらず。嶋の自体即ち如来十身の随一なり。廬舎那仏(大日如来)の妙躰の外の物にあらず。十身互いに周遍せるが故に、円融自在にして、重々無尽の因陀羅網(いんだらもう)を尽くして、高く思議の外に出でて、遥かに識知の境を越えたり。毘廬舎那如来(びるしゃなにょらい)と云ふは、即ち嶋の自躰の外の何でありましょうか」とした上で、「このように島のことを思うにつけ、涙、目に浮かび、磯に遊び、嶋に戯れた時のことが思い出されて忘れられず、恋慕の心を催しながら、見参する機会がありませんでした。そして嶋の大桜もまた思い出されて、恋しい限りです。手紙などを送りたく思っておりますが、ここに物言はぬ桜の許へ文やる物狂いありと言われるのを思って控えておりますが、物狂いと思う人は私の友ではありません。」
 そう、長々と手紙を書いて送ったのですね。島だけではなくて、島の桜の木にも手紙を送ろうとし、ただ世間から物狂いよと言われるのが口惜しいばかりに、送らなかったと言いました。 
 大文章です。それも人間のだれかれ、お弟子さんたち、教えを請う一般の大衆の方々を相手にかく語り来たりかく語り去ったのではなくて、物言わぬ島に向かって、まるで人間に話し掛けるように、それどころか、自分と同じ同胞(はらから)に向かって話し掛けるように、島の真の姿を説き来たり説き去ったのです。華厳の教えをもって島を讃嘆し島を顕彰したのですね。島に向かって、究極、「あなたは毘廬舎那如来そのものであり、如来の十身の一つである」と誉め称えたのです。如来とは後世の私たちからすれば、宇宙生命そのものであり、如来十身とは宇宙生命の十の姿であるとしてもよく、とすれば、如来というもの、宇宙生命なるものは、十身どころか、百身、千身、億身をもってしても数えきれず、言わば、千変万化、無限の変容を重ねつつある当体なのですね。それこそが法界縁起というもの、仏から仏への、宇宙生命から宇宙生命への、遊戯(ゆげ)法界というものなのですね。それが刻々と生きて変わる世界の真姿であり、森羅万象の真姿であると、華厳は教えているのですね。しかもそのことを、島への手紙の中で、あなたは「因陀羅網」という言葉を使って説明されました。すばらしい言葉です。華厳経の中の珠玉の言葉です。因陀羅とは印度の神話において帝釈天のこと、宇宙を統べる大王であり、その宮殿の窓という窓を飾る網すなわちカーテンは、実に不思議な織り方をしていて、そのどれ一つの結び目を取っても、一つ一つは他のすべての結び目を、カーテンの全体を反映し、取り込み、含み持って輝き渡っており、しかもそうでありながら、一つ一つは、あくまでそれ独自の美しい結び目の形と色彩を保っているというのでしたね。法界縁起の実に美しい譬えです。森羅万象のどれ一つを取っても、他のすべての森羅万象を含んでいると、さらには、森羅万象のどれ一つを取っても宇宙生命を含み宿して輝いていると、宇宙生命の交歓であり、宇宙生命の含み合いであり、宇宙生命の照らし合いであると、華厳は教えているのだと言うこともできるのでしょうか。
 島は毘廬舎那如来そのものであると、宇宙生命そのものであると言い切ったのですね。ですから呼び掛ける自分も呼び掛けられる島も同じ宇宙生命の片割れであると、おなじ宇宙生命の分身であると、だからこそ恋しく、だからこそ慕わしく懐かしく思い出されて来たのだと、そう胸に思い、胸に感じて、島に向かって話し掛け、呼び掛けたとしていいのでしょうか。
 宇宙は因陀羅網です。宇宙生命の因陀羅網に他ならないのですね。そしてあなたもまた因陀羅網そのものです。輝かしい宇宙生命の因陀羅網そのものです。あなたを見詰めて行くと宇宙のすべが見えて来ます。眩い宇宙生命の万華のつづれ織りが見えて参ります。あなたが苅磨の島に書き送られたこの手紙、島に呼び掛けて綴られたこの文章こそは、私にとって、歴史上またとない美しい例外の文章、珠玉の例外の文章であり、まさに華厳の手紙、華厳の文章であると感じられてなりません。宇宙の玲瓏、相い映じたものと思えてなりません。
 あなたのことを語り始めたならば果てがありません。あなたは呼び掛ける人でした。すべてのものに、森羅万象に向かって呼び掛けて止まない人でした。ですからその相手を語り始めたならば果てがないのです。あなたを語ることは森羅万象を語ることです。あなたを語ることは宇宙生命を語ることです。宇宙の因陀羅網を、宇宙の法界縁起を語ることです。ですから、今しばらく、あなたが呼び掛けた森羅万象の一端を語らせていただきたく思っております。

                   (つづく)